こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)

3.6 3.6 (レビュー4件)
著者: 近藤 史恵
定価: 756 円
いいね!

    「タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      するすると読みやすく、美味しいごはんとワインが恋しくなります。
      自分が美味しいごはんを食べている時が本当に幸せな人間なので楽しい。
      美味しいものが絡んでいるので、ハッピーエンドで終わるのも納得がいきます。

      難しい知識を伴わなくても主観で主張できるグルメな女性、というようなくだりには「あ、真理が…」とハッとさせられる部分もありました。

      ヴァンショー、ここのはとても美味しいのでしょうね。
      頂きたいです…。
      >> 続きを読む

      2015/08/24 by

      タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」のレビュー

    • 評価: 3.0

      あらすじ(BOOK」データベースより)
      商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当のフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは?フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?絶品料理の数々と極上のミステリー。

      自転車競技ミステリーという新ジャンルで「サクリファス」という佳作を世に送り出した近藤史恵さんはとっても幅が広いです。
      これはフランス料理店ミステリーで事件は起きません。あくまでお客さんのプライベートな事と店の業務が被った時にちょっとした出来事が起きる程度です。
      強烈なキャラクターの登場人物も無く、穏やかに淡々と過ぎて行くレストラン業務。
      こう書くとつまらなそうですがそんなことは無く、料理の描写の上手さも有って読んでいてとっても楽しかった。そもそも僕は漫画もどうって事無い料理漫画とか大好きなので、これはミステリーではなくレストラン物語として受け入れました。ミステリーとして読んだらアカン。

      所で、お恥ずかしながら、僕はフランス料理って一回も食べた事無いのです。強がりであんなもん!あんなもん!なんて言いながら本当は食べてみたいのです。この店の料理ほんと美味しそう。肩ひじ張らない感じの料理が目白押しで、こんな店だったら行ってみたいなあ。フォアグラも厚切りにして餅焼き網で焼いて、網で同じく炙ったフランスパンに付けて食べるんですよ。あーなんだか分からないけど絶対美味いよこの店。
      そういえば僕他の国の料理って驚異的に食べていない気がします。イタリア、中国、インド位ですわ。

      料理食べてみたい国ランキング(思いつき調べ)
      1、 スイス⇒チーズ大好きなので。例のハイジのパン&チーズが食べたい。フォンデュとか昔は夢の食べ物だった。
      2、 台湾⇒屋台でビール片手に色々食べたい。
      3、 アルゼンチン⇒牛肉が美味しいらしいというタレこみ有り。牛!牛!牛!牛を食わせろ!
      >> 続きを読む

      2015/07/08 by

      タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」のレビュー

    • スイスでチーズは私も惹かれます♪台湾の屋台もいいですね。屋台というとお腹壊しそうなイメージもありますが、楽しければ少々のリスクは良しとします笑。あとは、未体験ではありませんが、ドイツでソーセージとかもいいですよね〜♪ >> 続きを読む

      2015/07/09 by chao

    • ぼく飲みものはビール、そして食べ物で一番好きなのがジャガイモなんです。なのでドイツもめっちゃ惹かれます。そういう点でいうとベルギーでビール飲みたいです。話によるとフライドポテトの発祥でもあるみたいですからねえ。あー仕事中にこんな話していると帰りたくなっちゃう(*^。^*) >> 続きを読む

      2015/07/10 by ありんこ

    • 評価: 5.0

      わくわく、だらだら!
      おいしさと楽しさがつまってました。
      小さなリストランテを舞台にしたお話です。
      鬼気迫る謎であるとか、そういうものではありませんが、日常に潜む謎で、その辺りがとても楽しいです。

      そして、美味しそうです。

      リストランテが舞台なだけあって、食についての部分が多く出て来ます。

      甘い物が好きなので、ドルチェは本当に気になって・・・。
      楽しい美味しいで嬉しいでした。
      >> 続きを読む

      2015/05/10 by

      タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      本書は、小さなフランスの家庭料理店のギャルソンを主人公として、一風変わったシェフが、客たちの抱えるトラブルをするりと解決する様子を描いた、ミステリーの短篇集です。
      かわいらしく、心あたたまる物語でした。

      題名のタルト・タタンをはじめ、さまざまなデセール(デザート)の描写に、食欲をそそられました♡
      シェフが入れてくれるヴァン・ショー(というホットワイン)、私も飲んでみたいです♪

      2014/09/19 by

      タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)」のレビュー

    • 食べ物の描写がよいとおなかがすいちゃいますね!

      2014/09/19 by nekkoko

    • タルト・タタン~って聞くと、フランス~~って感じますね。
      デザート食べたくなりそうです!
      でもこれはお菓子の本ではなくってミステリーなのね。
      >> 続きを読む

      2014/09/19 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    20人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    タルト・タタンの夢 (創元推理文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本