こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さよならの次にくる

4.5 4.5 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 609 円

「東雅彦は嘘つきで女たらしです」愛心学園吹奏学部の部室に貼られた怪文書。部員たちが中傷の犯人は誰だと騒ぐ中、オーボエ首席奏者の渡会千尋が「私がやりました」と名乗り出た。初恋の人の無実を証明すべく、葉山君が懸命に犯人捜しに取り組む「中村コンプレックス」など、「卒業式編」は四編を収録。デビュー作『理由あって冬に出る』に続くコミカルな学園ミステリ、前編。

いいね!

    「さよならの次にくる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      葉山君シリーズ第二弾。

      卒業式編と銘打たれている今作は上巻というべきか。
      短編集のように話は進んでいくが、一つ一つの話が
      繋がっており、下巻への布石へなっているのは
      さすがというべきか。
      オススメは、葉山君が初恋の女の子の為に
      奮闘する一編『中村コンプレックス』
      >> 続きを読む

      2015/01/15 by

      さよならの次にくる」のレビュー

    • 短編なのにぜんぶが繋がってるパターンの本、好きです♪

      2015/01/16 by sunflower


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    サヨナラノツギニクル
    さよならのつぎにくる

    さよならの次にくる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    楽園のカンヴァス (新潮文庫)

    最近チェックした本