こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

星を継ぐもの

4.3 4.3 (レビュー31件)
著者: ジェイムズ・P・ホーガン
カテゴリー: 小説、物語
定価: 735 円
この書籍に関連するページ
2013年11月の課題図書
いいね! Minnie Tukiwami

    「星を継ぐもの」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      2013年11月の課題図書
      創元SF文庫さん、字が小さいです。慣れるまで読む気が減退しました。
      導入が冗長に感じましたが、中盤以降、謎が解明されていく感じがたまらなく面白かったです。

      余談ですが物語の舞台は2028年、もうすぐです。書かれたのは1977年、私が生まれた頃。月に基地はないし木星にも行けてないどころか、ウィルスと必死に戦ってる。室内は禁煙だし、マイクロウェーブは電子レンジだよ!なんて現代との差異楽しんで読んでました。
      そして、物語には出てこない概念、インターネット。やはりインターネットってのは、人類最大の発明のひとつだと思います。

      続編も気になるけど、字が小さいからなあ〜
      >> 続きを読む

      2020/03/30 by

      星を継ぐもの」のレビュー

    • 名作ですよね。
      文庫の字の大きさについて。
      まあ、あれは慣れです。
      私、最初に今の大きなフォントの文庫を見た時、違和感感じましたもの。
      でも、すっかり慣れて、今はおっしゃる通り昔の文庫を読むと「字が小さ~い」と感じてしまいます。
      >> 続きを読む

      2020/03/30 by ef177

    • >ef177さん
      そうですね。後半は慣れまして、かつ面白くて、文字の小ささなど忘れていました。
      角川文庫さんなどは字が大きくて読み易くしてくれていますね。
      >> 続きを読む

      2020/03/31 by たい♣

    • 評価: 4.0

      ハードSFの傑作。
      理系出身でもなければSFが好きなわけでもない僕がこの本を手にとったのは、本書がSFとしてだけでなく、本格ミステリとしても確固たる地位を占めているからだ。
      本書は僕が手にとった古本ですら86版と鬼のように売れており、読書ログにも山のようにレビューがある。
      アパートの寝室の壁中に相対性理論や波動力学を貼っているというような人間が登場人物なので、交わされる会話も相当科学色が強く、正直前半は読むのに苦労した。
      主人公のハントの他人の服装に対する批判もかなり手厳しく、魅力あるキャラクタかというと少し疑問符がつく。
      中盤の月面クレータ不整合に関する諸問題あたりから、俄然本書は本格ミステリぽくなってくる。
      月面での行軍の様子は貴家悠「テラ・フォーマーズ」を想起した(やたら強いゴキブリが出てくるわけではないが)。
      「あなたの新陳代謝が不慣れな非アルコール系飲料のショックに耐えられるようでしたら、濃いコーヒーなら、その、大歓迎ですが」という言い回しはとても洒落ている。
      宇宙船の無重力区で行われた三次元フットボールは実際に見てみたい気もした(「プラネテス」ではやっていただろうか)。
      最後のドンデン返しは本格ミステリの真髄ともいうべきものであり、感心した。
      ただし「時の娘」と同様、そういう解釈もできる、というだけのことで、クイーンの厳密なロジックとは少し違うと感じた。
      本書はSFファンにも本格ミステリファンにもお薦めできる、極めて珍しいタイプの小説である。

      >> 続きを読む

      2020/02/20 by

      星を継ぐもの」のレビュー

    • 評価: 5.0

      新年は必ずSF小説を読むことに決めている。月で発見された「人」に似た死体は5万年前に死亡していた。前半の展開はゆっくりだったが、次第に謎が謎を呼ぶ展開に引き込まれた。最後は驚きの事実が。SF小説らしい奇想天外なストーリーだ。十分楽しめた。

      2019/01/08 by

      星を継ぐもの」のレビュー

    • 評価: 5.0

      あるはずのないものがある。絶対的な存在感から謎は始まる。複数の分野の研究が並行して絡み合っていく。新たな発見が前説を覆すが、すぐにまた別の角度からも新たな事実が発覚して、何度となく覆されながらも、徐々に全体像が立体的になっていく。しかしそこで最大の矛盾に突き当たる、どちらも確実に正しいと思われるのに、互いに矛盾するという2つの事実。突破口が見つからなければ、これまでの研究と議論は全て破綻する。最後の展開は圧巻。宇宙と生命のダイナミズムが胸を打つ。

      2018/12/30 by

      星を継ぐもの」のレビュー

    • 評価: 5.0

      図書館にて借りる。ハードSFの名作らしい。ミステリ仕立ての展開は興味をひいて引き込まれる。映画化よりも、アクション的に動きがなくて事実認識と謎解きなので書物向きなんだろうね。評判にたがわず楽しめましたよ

      2018/07/07 by

      星を継ぐもの」のレビュー

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    98人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ホシ オ ツグ モノ
    ほし お つぐ もの

    星を継ぐもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ちかい (児童図書館・絵本の部屋)

    最近チェックした本