こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

戦略としてのブランド

「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式
2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: マーケティング
定価: 2,520 円
いいね!

    「戦略としてのブランド」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      分かりやすく、すっきりと頭に入ってくる内容。B2B業界の私にとっては、この本はB2C向けなので、評価は2を付けさせていただきましが、B2Cご担当の方には気づきが多い本です。

      2014/07/31 by

      戦略としてのブランド」のレビュー

    • B2C向けの方が私たちにとって理解しやすい気がします(^^)

      2014/07/31 by マカロニ

    • コメントありがとうございます。Business to Business お客様が製品を使ってビジネスを展開されている方(主に企業:企業間取引)Business to Customerお客様が一般消費者という意味です。toは英語の2を同じ発音なので2と記載されているようです。確かにB2Cの方が分かりやすいですね。 >> 続きを読む

      2014/08/01 by Newyorker


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    センリャクトシテノブランド コンセプトオペレーションソシキデツクルセイコウノホウテイシキ
    せんりゃくとしてのぶらんど こんせぷとおぺれーしょんそしきでつくるせいこうのほうていしき

    戦略としてのブランド - 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本