こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さがしています

5.0 5.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 社会福祉
定価: 1,365 円
いいね!

    「さがしています」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      広島の原爆の時に、誰かが身につけていた服や手袋、あるいは持っていた弁当箱やビー玉やメガネ、鍵。

      それらが言葉を語りだした。

      という設定で書かれている、詩の数々と写真でつくられている絵本である。

      あらためて、突然、中途で人生を断ち切られた人々の無念の思いと願いが、心に響く。

      二度とこのようなことがないようにするためには、核兵器が二度と使われないように、各人がこれらの言葉に耳を傾け、思いを受け継ぎ、広め、強めていくしかないのだろう。

      文章を書いているビナードさんという方は、アメリカ人だが、日本に来て原爆について調べ、広島で多くの人の話を聞き、この本を書いたという。
      国境を越えて、多くの人に読み継がれて欲しい、重いが、大切な一冊と思う。
      >> 続きを読む

      2013/09/23 by

      さがしています」のレビュー

    • 読んだら絶対泣くわわたし・・・

      2013/09/24 by sayaka

    • <ちあきさん

      アメリカだときちんと被害の実態が知られていないことがあるのかもしれませんよね。


      <makotoさん

      同感です^^


      <カカオさん

      本当ですね。
      写真撮影のため、さまざまな遺品を置く、背景となる石の台もこだわって探したそうです。


      <sayakaさん

      きっとそうかもしれませんね^^
      >> 続きを読む

      2013/09/24 by atsushi

    • 評価: 5.0

      部活で、同じ本を回し読みして感想を共有することがあります。

      読むのが遅い子や、兼部していて時間が取れない子のために、なるべく薄い本を選ぶようにしています。

      今回選んだのは、広島の原爆投下その瞬間を記憶しているモノを写真と文章でまとめたものです。

      その時間で止まってしまっている時計や、捕虜収容所の鍵。
      更には、もっと生活に密着したお弁当箱などが語る、当然奪われた日常に胸を打たれます。
      モノはモノで、二度と帰って来ない持ち主を探しているのかもしれませんね。

      この本は30ページくらいなので、パラパラと読んでしまえば一瞬で読み終えてしまうことができますが、全員が何度も前のページに戻ったことがわかり、感動を分かち合うことができました。

      さすがは司書さんのチョイス。泣かされました・・・
      >> 続きを読む

      2012/11/07 by

      さがしています」のレビュー

    • emiさん
      自分ではそんなに意識はないんですけど、たぶん青春真っ只中なんですよね。
      いい本読んで、いい進路見つけて、ちょっぴりだけ恋も。なんてね ^_−☆ >> 続きを読む

      2012/11/08 by aimi☆

    • chibadebuさーん
      うちにも漫画部と兼部してる子がいますよ。
      漫画部っていっても読むだけみたいですけど。
      こっちはマンガでもいいんだから、兼部することないと思うんですけどね☆
      >> 続きを読む

      2012/11/08 by aimi☆


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サガシテイマス
    さがしています

    さがしています | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    鷺と雪

    最近チェックした本