こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ルンガ沖の閃光

日本海軍駆逐艦部隊対アメリカ海軍巡洋艦部隊
定価: 3,990 円

1942年11月30日に生起したルンガ沖夜戦(米側呼称:タサファロンガ海戦Battle of Tassafaronga)は、ガダルカナル島をめぐって行なわれた多くの戦いの中の最後のものであり、日本海軍駆逐艦部隊が、アメリカ海軍巡洋艦部隊に勝利した戦いである。日本側からの記述になる著書の多い中、本書は米部隊の前衛駆逐艦3番艦「モーリー」(USS Maury DD‐401)の砲術士官であった著者の手により、米軍から見た11月30日夜の本質と、神秘のベールを剥がしていく。そして、この忘れられた戦闘が、長く困難な戦役における単なるひとつの踏み石ではなく、米海軍とその兵器の本質そのものが試された試練の場であったということ、それは、現実と異なる状況のもとで存在したかもしれないもの―真に破滅的な敗戦―の縮図であることを著者は発見したのである。

いいね!

    「ルンガ沖の閃光」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ルンガオキノセンコウ ニホンカイグンクチクカンブタイタイアメリカカイグンジュンヨウカンブタイ
    るんがおきのせんこう にほんかいぐんくちくかんぶたいたいあめりかかいぐんじゅんようかんぶたい

    ルンガ沖の閃光 - 日本海軍駆逐艦部隊対アメリカ海軍巡洋艦部隊 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    どこの家にも怖いものはいる

    最近チェックした本