こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

出世する人は人事評価を気にしない (日経プレミアシリーズ)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 平康 慶浩
定価: 918 円
いいね!

    「出世する人は人事評価を気にしない (日経プレミアシリーズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      平社員から管理職への昇進と、管理職から経営層への昇進は意味合いが違う。前者は卒業試験であり、できる人が出世する。一方で、後者は入学試験である。常に会社の存在意義を考えている社員が昇進する。

      概念的とはいえ、基本的に明文化されない経営層への昇進基準が明示されており、とても勉強になった。キャリアパスを考える上で、大いに参考にしたい。


      P97:
      役員になれるかどうかは「視点の高さ」の違いで決まる。(左管理職、右経営層)
       課題認識 ⇒ 戦略性
       目的達成 ⇒ 勝利へのこだわり
       数値管理 ⇒ ビジネスモデリング
       部下育成 ⇒ 人材マネジメント

      P98:
      経営層への昇進候補に、「とても優秀だけれど問題児」「品行公正で平均より優秀」の2人がいた場合、経営層は前者を選びたがる。優秀であることを求めるのはもちろんだが、「問題児を自分に従わせる」という欲求を持つ経営層は意外に多いのだ。
      >> 続きを読む

      2015/04/14 by

      出世する人は人事評価を気にしない (日経プレミアシリーズ)」のレビュー

    • >P98:
      経営層への昇進候補に、「とても優秀だけれど問題児」「品行公正で平均より優秀」の2人がいた場合、経営層は前者を選びたがる。優秀であることを求めるのはもちろんだが、「問題児を自分に従わせる」という欲求を持つ経営層は意外に多いのだ。

      それはないでしょう。特に最近の日本は。
      経営層が団塊世代ど真ん中の今、下からの脅威は伸ばさずに摘んでおくのが通例。
      後者が幅をきかせていますよ、どこの会社も、僕の会社も(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/04/16 by 課長代理

    • 課長代理さん>>
      むむ、そんなものですか。

      2015/04/25 by こいこい


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    出世する人は人事評価を気にしない (日経プレミアシリーズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪