こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 城田 真琴
いいね!

    「デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      著者は城田真琴さんです
      現状を分析して、近々未来を予測する著書を
      毎年数冊ずつ上梓しています

      大前研一さんも、「来年はこうなる」といった本を出されていますが、
      内容がグローバルな世の中論に近いですが、
      城田さんは、IT関係をベースとした世の中論の
      書籍が多いように感じます

      本書籍は、アマゾンとそれを取り巻く企業について、著した本です。
      代表者のジェフ・ベソフ氏は、
      マイクロソフトのビルゲーツ氏を抜いて
      今年、世界一のお金持ちになったと新聞に載っていました。

      本書は、
      アマゾンが行っていること
      それに対応できず、潰れてしまった企業

      そして、工夫をして生き残りをかける企業
      また、今後アマゾンが攻めていく事業
      について、著者の考察が書かれています。


      アマゾンとの差別化については、以下を挙げています
      □ アマゾンとの差別化
       1)圧倒的な商品力で差をつける
       2)カスタマイズ・パーソナライズ
       3)痒いところに手が届くサービスの提供

      そして今後の事業として、
      □ ある日突然、アマゾンのECサイトに「レンタルする」というボタンが現れたとしても驚くことはないだろう。

      と書かれています。

      確かに、サブスクリプション ビジネスが世の中に出ていますが
      アマゾンがするとは、考えが至りませんでした。

      この本は、アマゾンとその周辺企業について書かれた本ですが、
      自分が携わっている「仕事」においても、
      色々なヒントを与えてくれるものだと、思っています。

      文章も平易に書かれおり、お薦めです。




      >> 続きを読む

      2018/10/28 by

      デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本