こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

源氏物語五十四帖を歩く

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円

『源氏物語』五十四帖には往時の風景が登場する。そのほとんどは平安京とその周辺で(山城国)、少し離れて近江・若狭・越前・大和・摂津・播磨国、もっとも遠方が太宰府であろうか。概して、この時代の人々に旅の風習がないこともあって行動範囲は極めて狭く、とりわけ女子はそうであった。その意味では、受領を父か夫に持つ王朝の女流作家で地方生活の体験者が多いことは注目されてよい。そのことが彼女たちの作品を豊かにしているし、紫式部も父の任国、越前での一年余の生活が、地方描写の糧になっていることは疑えない。さあ、王朝の雰囲気を求めて旅に出よう。本書が、その案内人となれば幸いである。

いいね!

    「源氏物語五十四帖を歩く」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ゲンジモノガタリゴジュウヨンジョウオアルク
    げんじものがたりごじゅうよんじょうおあるく

    源氏物語五十四帖を歩く | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本