こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ギフト±(10) (ニチブンコミックス)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: ナガテ ユカ
いいね!

    「ギフト±(10) (ニチブンコミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      5人を殺害した連続殺人
      生きたまま臓器を取りだされ被害者たち
      警察は"快楽殺人"の線で捜査するが
      桜田刑事は快楽殺人じゃなく臓器のコレクターだと推理する…が、
      警察内で孤立する桜田
      犯人(須崎清彦)の狙いは
      美しくリアルを越えたリアリティなお人形を作ること
      あと残すは心臓だけ…
      犯人は環の心臓を狙うが反対に鯨にされてしまい
      加藤はちゃんと身代わりの犯人を用意していた…。

      加藤の監視により身動きが取れない桜田


      タカシは臓器移植に特化した医者の育成と
      再生医療技術の確率を目指すため
      大陸との交渉を進めようとするが
      難色を示す加藤
      そしてここで分かる加藤の過去
      加藤は20年前に警察庁からFBIに出向。
      当時、日本ではテロに対抗しうる部隊特殊チームを検討していて
      加藤は日本を守ろうと"正義"に燃えていたが
      そんな加藤の志を挫く事件が!!
      そしてその時の秋光正との出会が今の加藤を築き上げる

      一方、廣瀬は例のSNSアカウントを使い環との接触を試みているが…


      犯罪者を解体する"臓器売買"…
      それが再生医療に基づいたもので実は軍が絡んでた?
      闇に蠢くモノあり
      何やらキナ臭い方向にみんなが進んでるヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

      臓器売買自体怖い話だけど
      実はもっと怖い話・゚・(ノД`)・゚・。


      >> 続きを読む

      2018/01/05 by

      ギフト±(10) (ニチブンコミックス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ギフト±(10) (ニチブンコミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    戦禍のアフガニスタンを犬と歩く

    最近チェックした本