こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

山魔の如き嗤うもの

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,995 円

忌み山で人目を避けるように暮らしていた一家が忽然と消えた。「しろじぞうさま、のーぼる」一人目の犠牲者が出た。「くろじぞうさま、さーぐる」二人目の犠牲者―。村に残る「六地蔵様」の見立て殺人なのか、ならばどうして...「あかじぞうさま、こーもる」そして...。六地蔵様にまつわる奇妙な童唄、消失と惨劇の忌み山。そこで刀城言耶が「見た」ものとは...。『首無の如き祟るもの』に続く渾身の書き下ろし長編。

いいね!

    「山魔の如き嗤うもの」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      講談社 (2011/05)

      著者: 三津田信三

      他のレビューもみる (全3件)

      • 評価: 3.0

        前に読んだ《厭魅の如き…》の方がインパクトが強かった!!
        それに比べたらマイルドって感じかな?(笑)
        冒頭の「忌み山の一夜」がもろホラー。
        成人参りの風習が残る山村。
        嫌々ながら儀式に参加した郷木靖美は忌み山に迷い込み、
        そこで恐ろしい体験をする。

        それから1年後…。

        ホラーかと思いきや忌み山で起る
        六地蔵の童唄になぞられた連続殺人。
        横溝正史的で謎が二転三転。←ここが面白い!!

        《山魔の如く》
        《嗤うもの》そうゆう事なんだなぁ~と、
        最後まで読んで判ります。
        >> 続きを読む

        2013/09/29 by

        山魔(やまんま)の如き嗤うもの」のレビュー

      • >tadahiko さん

        この手の人形は真夜中に歩く!!って信じてるよ(゚Д゚;)
        怖いよ~怖いよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 >> 続きを読む

        2013/09/30 by あんコ

      • >kissy1986 さん

        日本酒飲まないから判らないけど…似てるかも?(≧m≦)プッ!!
        「刀城言耶」シリーズは今回で2冊目…また1冊買ってきました(〃▽〃)
        最初に読んだのが《厭魅の如き…》でずっとホラーだとおもってたらまさかのミステリー!!もう~騙されちゃいましたよσ(^∇^;)ははー。
        でもその分面白かったです(≧ω≦)b OK!!
        >> 続きを読む

        2013/09/30 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤマンマノゴトキワラウモノ
    やまんまのごときわらうもの

    山魔の如き嗤うもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ビオレタ (一般書)

    最近チェックした本