こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

怖い女

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 沖田瑞穂
いいね!

    「怖い女」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      怖い映画でも都市伝説でも幽霊でも「女」がキーになっているというのは頷ける。
      なぜ女が怖いのか。
      なるほど、そう言われてみれば(´Д`;)
      母とか、子宮とか、そもそも人間を生み出す性であることに畏怖とともに神々しさやそれが転じた謂れを感じました。

      引き合いにだされる映画や都市伝説は内容の品位を落とすチープさも感じますが(^_^;)

      (Amazon)
      口裂け女
      貞子、伽椰子
      三津田信三『どこの家にも怖いものはいる』
      京極夏彦『魍魎の匣』
      山岸凉子「鬼子母神」
      ひきこさん、カシマさん
      阿部定、木嶋佳苗……

      「怖い女」の系譜がある。Jホラーや都市伝説、怪談で描かれる女たちや、犯罪の世界で名を馳せる女たち。
      彼女たちは、なぜ恐れられるのか、どのように恐怖と結びつけられるのか。
      「怖い女」の原型を世界の女神神話から解読する!

      日本経済新聞(2018年2月15日)「目利きが選ぶ3冊」の1冊に選出されました

      【主な目次】

      第一章 口裂け女――追いかけ、呑みこむ女
      イザナミと口裂け女/本当は美しかった口裂け女/三津田信三『どこの家にも怖いものはいる』

      第二章 醜さの怪異――イハナガヒメの娘たち
      都市伝説 ひきこさん/押切蓮介「成長する小窓」/お岩さんとイハナガヒメの対応/バナナ型 死の起源神話

      第三章 不均等の力――石の末裔たち
      都市伝説 テケテケ、カシマさん、だるま女
      人面瘡と頭二つ 「ぼっけえ、きょうてえ」「四角い頭蓋骨と子どもたち」

      第四章 怖い箱――コトリバコ、パンドラの箱、玉手箱
      生命を回収する箱/浦島太郎/美内すずえ「妖鬼妃伝」/京極夏彦『魍魎の匣』

      第五章 『呪怨』伽椰子――蛇女神の末裔たち
      怪異と境界/山岸凉子「肥長比売」/上田秋成「蛇性の婬」/姦姦蛇螺

      第六章 『リング』貞子――母なるものの恐ろしさ

      第七章 『着信アリ』――少女と内なる母
      母と子の一体化/アルテミス的女性像/クマリの両義性/天使の指/デメテル―コレ症候群

      第八章 吞みこむ女
      現実の「吞みこむ母」と摂食障害の娘/神話の中の「吞みこむ母」 メデイア、プロクネ/小野不由美『ゴーストハ ント2 人形の檻』

      第九章 大量殺人鬼の女とトリックスター

      木嶋佳苗と花房観音『黄泉醜女』/ロキ、アマノサグメ/「悪意」に満ちた「魔術師」フレイヤ

      第一〇章 怖い母性
      生命の回収/貴志祐介『黒い家』/貞子の「母性」/澤村伊智『ぼぎわんが、来る』/『ラーマーヤナ』の吞みこむ魔物

      第一一章 世界の女神神話と恐怖
      >> 続きを読む

      2019/02/08 by

      怖い女」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    怖い女 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本