こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

希望の海へ

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: マイケル モーパーゴ
定価: 1,814 円
いいね!

    「希望の海へ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      本当に感動した。
      すばらしい本だった。

      私はこの本を読むまで、イギリス・オーストラリアの間の「児童移民」について知らなかった。
      第二次大戦後、何千人という孤児や身寄りのない子どもが、強制的にイギリスからオーストラリアに移民させられ、送られた先ではしばしば過酷な目にあったという。

      また、この本を読むまで、オーストラリアもベトナム戦争に参加していたということを恥ずかしながら知らなかった。

      この本の主人公は、児童移民としてオーストラリアに送られ、その先でひどい施設で過酷な目に遭う。
      イギリスからずっと一緒に来た兄貴分の親友と二人で施設を脱走し、親切な人に助けられて大自然の中でやっと束の間幸せな時期を過ごし、そのあと二人で造船所でまじめに働いていたが、不況とある事件のために失業し、兄貴分は不慮の事故で死んでしまい、そのあとベトナム戦争に行くことになり、深い心の傷を負う。

      しかし、すさんだ生活のあとで、たまたまめぐりあった女性と幸せな結婚をし、娘も一人生まれる。
      児童移民としてイギリスからオーストラリアに渡る時に、姉が贈ってくれた鍵をいつも首にかけて、ずっと今まで持ってきて、いつか姉を探して会いに行きたいと思っていたが、主人公は病気のために死んでしまう。
      娘のアリーが、まだ十代の女の子だけれど、父の代わりに父がつくった舟に乗って、海を渡って大冒険をして、イギリスまで伯母を探しに行く。

      モーパーゴならではの生き生きした素晴らしい文章と、その中に深いメッセージと内容が盛り込まれていて、本当にラストは泣かされた。

      多くの人にお勧めしたい、素晴らしい作品だった。
      >> 続きを読む

      2014/10/06 by

      希望の海へ」のレビュー

    • レビューを読んでとても気になってきました!
      私も歴史などの知識がないので、勉強にもなりそうですね。 >> 続きを読む

      2014/10/07 by RAY-ROCK

    • <nekkokoさん

      ぜひ!^^


      <Ray-Rockさん

      とても良い本でした^^
      おすすめです^^
      >> 続きを読む

      2014/10/11 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    希望の海へ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    脇役ロマンス (名作転生)

    最近チェックした本