こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

<対話>のない社会

思いやりと優しさが圧殺するもの
3.0 3.0 (レビュー1件)
定価: 693 円

沈黙する学生達や、「アアセヨ・コウセヨ」という標語・放送の氾濫と戦う一哲学者が、言葉を軽んじ対話を封じる日本の言論風土を分析。

いいね!

    「<対話>のない社会」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      「思いやり」は「利己主義の変形」ってなるほどね。確かに相手がどう思うかは関係なくエゴで自分に不利益にならない程度に「優しさ」を出している気はする。

      2013/06/15 by

      <対話>のない社会」のレビュー

    • 自分もこれ当てはまります。
      常に関係が悪化しないように、程よくやさしくしていますw

      2013/06/20 by さかな


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    タイワノナイシャカイ オモイヤリトヤサシサガアッサツスルモノ
    たいわのないしゃかい おもいやりとやさしさがあっさつするもの

    &lt;対話&gt;のない社会 - 思いやりと優しさが圧殺するもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本