こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

新選組と沖田総司

「誠」とは剣を極めることなり
カテゴリー: 日本史
定価: 798 円

幕末、将軍警固と京の都の治安維持のために結成された新選組。近藤勇、土方歳三が率いたその組織には、捨て身で戦い、国を護るという天然理心流の「剣の訓え」が息づいていた。本書は、病に冒されながらも、その訓えに最も忠実に生きようとした、天才剣士・沖田総司を中心に、隊士たちの生き様を活写する。「天狗隊の隊長」・芹沢鴨の粛清、四名で突入した池田屋事件、御所で起こった禁門の変、賊軍となった鳥羽伏見の戦い...。史料をもとに、「誠」の精神を貫いた新選組の姿を浮き彫りにする。

いいね!

    「新選組と沖田総司」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シンセングミトオキタソウジ マコトトワケンオキワメルコトナリ
    しんせんぐみとおきたそうじ まこととわけんおきわめることなり

    新選組と沖田総司 - 「誠」とは剣を極めることなり | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本