こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

渋沢栄一人生意気に感ず

"士魂商才"を貫いた明治経済界の巨人
カテゴリー: 小説、物語
定価: 720 円

幕末の動乱が風雲急を告げる慶応三年、徳川昭武の随員としてフランスに渡った一人の青年があった。現地で資本主義社会の現実を目の当たりにした彼は、帰国後、「人の道」と「利益」の両立を掲げ、第一国立銀行をはじめ、五百余の民間企業を興していく―経済面から明治日本の近代化を推進し、“日本資本主義の父”と称えられた実業家・渋沢栄一の事蹟を活写した力作小説。

いいね!

    「渋沢栄一人生意気に感ず」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シブサワエイイチジンセイイキニカンズ シコンショウサイオツラヌイタメイジケイザイカイノキョジン
    しぶさわえいいちじんせいいきにかんず しこんしょうさいおつらぬいためいじけいざいかいのきょじん

    渋沢栄一人生意気に感ず - "士魂商才"を貫いた明治経済界の巨人 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本