こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

最後の御大将平重衡

義経が最も恐れた男
カテゴリー: 小説、物語
定価: 940 円

強大な権勢をふるいながら、やがて急坂を転落するように滅んでいく平家一門。その運命の奔流のなかで、戦場で源氏を苦しめ、鮮やかな武者ぶりを示す青年武将があった。“最後の御大将”と呼ばれた清盛五男・平重衡である。父清盛の独裁政治に疑問を抱き、その没後は棟梁宗盛の狭量に悩みながら、自らはつねに最前線で戦い続けた男―。その真実の姿に迫る力作長編小説。

いいね!

    「最後の御大将平重衡」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サイゴノオンタイショウタイラノシゲヒラ ヨシツネガモットモオソレタオトコ
    さいごのおんたいしょうたいらのしげひら よしつねがもっともおそれたおとこ

    最後の御大将平重衡 - 義経が最も恐れた男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    罪人が祈るとき

    最近チェックした本