こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

「人間」としての生き方

現代語訳『東洋倫理概論』を読む
カテゴリー: 倫理学、道徳
定価: 820 円

『東洋倫理概論』は、昭和二年、金〓(けい)学院を開院した際、そこに学ぶ青年たちに向けて著わした、いわば生き方の指針の書である。原本は歴史的仮名遣い、独特の表現も少なからずあるため、読者の理解の便を図り、原書の趣旨を損なわずに、現代語に直したのが本書である。多方面に怪しさが漂う現代、安岡数学の骨格をなす本書は、真っ当に生きることを考えるうえで、一度は読んでおきたい書である。

いいね!

    「「人間」としての生き方」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ニンゲントシテノイキカタ ゲンダイゴヤクトウヨウリンリガイロンオヨム
    にんげんとしてのいきかた げんだいごやくとうようりんりがいろんおよむ

    「人間」としての生き方 - 現代語訳『東洋倫理概論』を読む | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本