こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

環境省の大罪

著者: 杉本 裕明
いいね!

    「環境省の大罪」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 0.0

      環境省の大罪。杉本裕明先生の著書。環境省官僚、環境省職員は地球環境マインドを持たず、環境問題利権や環境保護利権の拡大に邁進していると問題提起する内容。環境省の歴史を知る著者ならではの視点から問題を指摘している感じる一方で、結論ありきで敵対視し過ぎているようにも感じました。これからの時代は地球環境の保護や環境問題にきちんと対応することが日本が国際社会で信頼を得るために不可欠だと思います。

      2018/10/06 by

      環境省の大罪」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    環境省の大罪 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本