こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ウツボカズラの夢

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,785 円

平凡な日常ほど悪意に満ちたものはない。わたしの願いはただひとつ幸せになること。エンターテインメントの域を越えた傑作。

いいね! masa920

    「ウツボカズラの夢」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      長野の田舎から亡くなった母の従姉妹を頼りに東京で出てきた未芙由の話。
      正直面白くならないまま終わってしまった。私には合わなかった。残念

      2017/08/25 by

      ウツボカズラの夢」のレビュー

    • ウツボカズラって食虫植物ですか?

      2017/08/25 by rock-man

    • rock-manさん
      コメントをありがとうございます。
      そうですね。本編では全くウツボカズラは出てきません。
      東海テレビに「ウツボカズラの夢」のページには
      「ウツボカズラ女とは:自分からは動かず、
       獲物の欲望を利用して目的を達成する食虫植物のような女」とあります。
      >> 続きを読む

      2017/08/28 by kucoma

    関連したレビュー

      双葉社 (2011/06)

      著者: 乃南アサ

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 3.0

        再読。

        以前読んだときには余り感じなかった不快な気持ちが、今回読んでみると終始感じられて疲れた。
        以前よりも、ひとに対して厳しくなったのかもしれない。

        登場人物の殆ど全員が、好きになれない人間というのは珍しい。
        よくもここまで自分のことしか考えられないひとばかり出てくるなと、ある意味感心する。

        気になるのは、物語に直接関係はないからだと思うけれど、せっかく名前まで付けられている何人かの人物が、その後どうなったか書いていないまま終わっていること。
        わたしとしては、出したものを出しっ放しで終わっているように感じられて、だらしないし気持ち悪い。
        出したらきちんと引っ込めて欲しい。

        結局この話で、ウツボカズラは誰のことなのかという疑問が出るが、わたしは殆ど全員がウツボカズラだったと思う。
        それでも一番ウツボカズラ然としているのは、自分は何もせず、ただ家で暮らしてちゃっかり利益を得たおばあちゃんになると思うのは、解説を書かれた大矢博子さんと同じ意見かなと思う。

        口を開けて虫が落ちるのを待つなんて、わたしには無理かな。
        喉が渇くし、顎が疲れちゃう。
        >> 続きを読む

        2015/03/20 by

        ウツボカズラの夢」のレビュー

      • うお!なんか苦手なタイプの話っぽいです(;^_^A感情移入拒否系ですね!

        2015/03/21 by ありんこ

      • arinkoさん
        コメントありがとうございます。

        いやいや。わたしの意見に惑わされることなくチャレンジしてみてください。
        違う感想を持たれるかもしれませんよ。
        レビュー期待しています。
        >> 続きを読む

        2015/03/22 by jhm


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウツボカズラノユメ
    うつぼかずらのゆめ

    ウツボカズラの夢 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    福島 飯舘村の四季

    最近チェックした本