こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

星星の火

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 福田 和代
定価: 1,620 円
いいね!

    「星星の火」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      刑事・上月は中国語の通訳捜査官・城らとともに入管法違反で家宅捜索に向かうが、拳銃を発砲される事件となる。
      取り調べの中で「竜生九子」という組織の存在を口にし、拳銃を売ったとされる男を追うことになる。
      一人娘も残し家を出ていた城の妻が急に戻ってくる。
      彼女はトラブルのたびに彼を頼ってくるのだ。
      そして彼らの前でその妻と娘が拉致された…。

      ◆以前アンソロジーで読んだ上月と城のコンビということで、楽しみにしていました。
      で、アンソロジーで読んだ作品を含めた連作短編集と思っていたのですが、なんと今回は長編です!ということはこれはシリーズにしてもらえるのかな?是非お願い致します。
      妻が家を出て行ったため、刑事の道ではなく中国語の通訳捜査官となった城。
      その妻がトラブルを持って帰宅します。この夫婦の関係にはまだ謎がありそうだな~。今後のこの家族の変化に期待したいところですね。
      城が単独で突っ走っていく事件と、上月たちが追う事件とつながっていきます。
      もしかしたら冷静に上月たちと追いかけていた方が早かったのでは?という気もしますが。
      星星之火、可以燎原…ここからつけられたタイトルの意味もなかなか深い。
      在日中国人社会の有り様…変容も興味ありだし、やはりシリーズとしてもっと読んでみたいですね。
      >> 続きを読む

      2014/07/19 by

      星星の火」のレビュー

    • >在日中国人社会の有り様
      こういうのが題材の小説ってあまりないですよね!
      ちょっと気になります。 >> 続きを読む

      2014/07/19 by マカロニ

    • makaroniさん>
      通訳捜査官というのも(ちょっと逸脱してますが)面白い題材でしたよ。
      >> 続きを読む

      2014/07/20 by むつぞー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    星星の火 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本