こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

刑事の慟哭

4.5 4.5 (レビュー1件)
著者: 下村 敦史
いいね! ooitee

    「刑事の慟哭」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      田丸刑事は捜査陣の中で唯一反論して、真犯人を導き出す功績を残したが、そのせいで上司や同僚から疎まれる存在に。
      そんな折起きた2件の殺人事件からある共通点を見つけ出すが、賛同を得られずに独自で捜査をすることに。

      刑事ものだが、SNSによってはびこる不満などが堆積していく現代性。
      そして裁判員制度の矛盾。

      そういう風に限定していく中で犯人の姿が浮かび上がるが、田丸の孤独な魂が突き放してく部分と、報われる部分の救い。
      続編が出来てもいいかも。
      >> 続きを読む

      2019/07/31 by

      刑事の慟哭」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    刑事の慟哭 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本