こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

涼子点景1964

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 森谷 明子
定価: 1,760 円
いいね!

    「涼子点景1964」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      1964年の東京オリンピックが開幕する直前。
      新宿のある町では、1人の女性が話題に。
      小野田涼子はちょっとした謎を解く安楽椅子探偵の様な事をしながらも、自身の過去については口を閉ざしたまま。

      この涼子という人物を、周囲の人間が経験した出来事として語り継いでいくスタイル。

      当時の時代を絡ませつつ、涼子の人生の中で不審に思った彼や彼女との出会い。

      終盤になるにつれ涼子の過去が明かされる。
      不可解な言動や行為が、なぜという疑問を解決していく。

      でも最後の一文には納得する。
      そういう感じはしていたしね。
      >> 続きを読む

      2020/04/21 by

      涼子点景1964」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    涼子点景1964 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    あぶない叔父さん (新潮文庫)

    最近チェックした本