こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鬼哭の銃弾

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 深町 秋生
定価: 1,760 円
いいね!

    「鬼哭の銃弾」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      深町さんの作品ってバイオレンスのイメージがあるが、この作品も冒頭から炸裂する。

      発生した発砲事件の線条痕から、22年前の日向の父が関連していた事件と分かる。
      しかし父と息子は対立関係から絶縁していた仲。

      とにかく父親の事件に対する執念が強烈であり、解決のためなら息子や警察ですら踏み台に。

      特に父息子の対立はお互い殴り合いの連鎖。
      当たり前のように銃を向けるのだからまあすごい。

      まるで日本じゃないような最後の防衛戦のやり取りも実にバイオレンスな場面で締め。
      >> 続きを読む

      2021/07/01 by

      鬼哭の銃弾」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    鬼哭の銃弾 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本