こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

こころのくすり調合室

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 1,260 円
いいね!

    「こころのくすり調合室」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      大好きなひろさちやさん。その割には2年放置してた本σ(^∇^;)ははー

      ひろさちやさんは宗教評論家なので
      モノの見方が仏教・キリスト教目線。
      そして言いたい事や伝えたい事が一貫してるので
      どの本も似た様な内容に……。
      悩んでる人とかにいいんでないかな?
      今回はことわざ形式で伝えたい事が書いてある。

      たとえば

      『明日はいつでも明るい日』
      誰も明日の事は判らない…
      今日より良くなる悪くなると考えるのは単なる-思い込み-
      それなら良くなるって考えた方が精神衛生にいい。←ここ大事!!
      「明日はきっとよくなるわ…」って自己暗示をかける


      『デタラメなのがほとけさま』
      物には本来レッテルは付いてない。
      物にレッテルを貼っているのは、その物を見ている人間の心。

      ほとけさまはレッテルを全て剥がして
      自分の近くにいる人から順に救って行く
      そしてほとけさまがどこにいるのか?
      誰が一番近くにいるか判らない。
      だからほとけさまが救われる順番はまさしく-デタラメ-。
      従ってお金を多く払った信者から助ける宗教はインチキ

      (お金が掛かる宗教はインチキ!!と美輪明宏さんもおっしゃってました!(b^ー°))

      『日にち薬をお忘れなく』
      悲しみというものは最終的には「時間」が解決してくれる。
      たいていものモノは日にち薬が治してくれるので
      無理に解決を焦らなくても自然に成り行きをまかせておけばいい。


      『苦が苦になるのは苦にするからだ』
      思いのままにならない事を
      思いのままにしようとするから「苦」になる
      思いのままにならない事を
      思いのままにしようとしなけれ「苦」にならない。
      思い通りになることでないと判ったらそれを「苦」にしない
      そうすると精神的に楽になる

      『喜び四倍、ぼやき十分の一』
      -自分の気持ちは言わないと相手に伝わらない-
      言葉には不思議な効果があるの
      喜びを言葉にすれば喜びはますます膨れ
      悲しみを言葉にしても悲しみが膨れる。
      だからこそ喜びを四倍にして嫌な事は十分の一ぐらいにすればいい。
      それが人生の知恵


      *世間体など気にせず自由にのびのびやりましょう
       どうせ1度しか生きられない人生なんだから。


      みたいな感じの本。
      >> 続きを読む

      2014/03/22 by

      こころのくすり調合室」のレビュー

    • >ただひこ さん

      寝て忘れるって凄いですよ~ヾ(≧▽≦)ノ 
      なかなかのスキルの持ち主ですね(。+・`ω・´)キリッ >> 続きを読む

      2014/03/24 by あんコ

    • >romantic さん

      オオーw(*゚o゚*)wけっこう確信ついてますね。

      2014/03/24 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ココロノクスリチョウゴウシツ
    こころのくすりちょうごうしつ

    こころのくすり調合室 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本