こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

空洞の怨恨

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 652 円
いいね!

    「空洞の怨恨」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      昭和52年初版の
      講談社文庫版を読了

      二重死肉
       この当時
       東京都内にアオダイショウもいたのかと
       驚いた

      鈴蘭の死臭
       ピンク映画で3hも潰す登場人物が出て来るが
       よほどの超大作なのか
       短編を幾つも上映してたのか
       妙に、そこが気になった

      集合凶音
       北村英次は
       母の為と言いながらも
       自分が物音に敏感な訳で
       今でいうところの
       発達障害や
       聴覚過敏な体質だったのだと思う

      密閉島
       比較的、最初の方で
       真犯人がわかってるよね、コレ

      崩落した不倫
       不倫の時点で
       大神洋一郎と佐田昌子に
       私に同情の余地がなくなって、
       後の展開を楽しめなかった

      空洞の怨恨
       この世界に
       のめりこんで
       引き込まれた
      >> 続きを読む

      2020/04/05 by

      空洞の怨恨」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    クウドウノエンコン
    くうどうのえんこん

    空洞の怨恨 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本