こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

優しい音楽

3.8 3.8 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 500 円

駅でいきなり声をかけられ、それがきっかけで恋人になったタケルと千波。だが千波は、タケルをなかなか家族に紹介しない。その理由にタケルは深い衝撃を受けるが、ある決意を胸に抱いて一歩を踏みだした―表題作「優しい音楽」。つらい現実を受けとめながらも、希望を見出して歩んでゆく人々の姿が爽やかな感動を呼びおこす。優しさに満ち溢れた瀬尾ワールド全開の短編集。

いいね!

    「優しい音楽」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      内容紹介-------------------------------------------------------
      駅でいきなり声をかけられ、それがきっかけで恋人になったタケルと千波。だが千波は、タケルをなかなか家族に紹介しない。その理由にタケルは深い衝撃を受けるが、ある決意を胸に抱いて一歩を踏みだした―表題作「優しい音楽」。つらい現実を受けとめながらも、希望を見出して歩んでゆく人々の姿が爽やかな感動を呼びおこす。優しさに満ち溢れた瀬尾ワールド全開の短編集。
      ---------------------------------------------------------------

      短編集。
      どれも温かい物語のように仕上げているが、私にはどうも倫理的に納得いかない。

      以下、ややネタバレあり。

      「優しい音楽」☆☆☆
      タケルと千波の二人の時間の過ごし方はゆったりしていてうらやましい。
      何もアクティブに過ごすだけがデートではない、のんびりうだうだと時間を無駄に過ごすのが贅沢だったりするんだよな。
      食事の食べ方の違いを「愉快なこと」と受け入れられる千波は素敵だし、二人のリズムが合っていて、いいカップルだと思う。

      しかし謎が明らかになった後、タケルはあくまでもタケル自身として受け入れてもらえるように振舞うべきだったと思う。
      家族は誠の喪失を受け止めなければ前に進んでいけない。
      誠もその方が幸せなはずだ。
      そこをわざわざタケルが成り代わって穴を埋めるというのは違う気がする。
      結果としてタケルは誠と違うことを示すことができたが、過程に納得がいかない。


      「タイムラグ」☆
      不倫相手の娘を預かるという時点で抵抗があるが、これは瀬尾まい子も織り込み済みの反応だと思う。
      そのイメージを払拭するほどの温かい物語に仕上げようという魂胆であろうが、最後までそれはかなわなかった。

      たしかに、佐菜との時間は微笑ましいものだったが、祖父の家に行くあたりからおかしい。
      正体を明かさないまでも、息子の不倫相手が夫婦の結婚を認めろというのは、出しゃばりすぎだ。
      というか、不倫してるくせにどの口が言っているんだ。
      それに言いくるめられる祖父も滑稽でしかない。

      平太の家庭にとって、この物語はプラスだったかもしれないが、深雪はいいように使われただけだ。
      平太にだけ都合のいい状況をずるずると続けて、結婚も難しくなったころに捨てられて、一人で寂しく死んでいくしかない。
      不倫で温かい物語を作ろうなんて言うのが間違い。


      「がらくた効果」☆
      同棲している彼女がある日突然「拾ってきちゃった」なんて言ってホームレスを連れてきたら、私ならその場で別れる。
      「佐々木効果」がどうとかそういう話じゃない。
      愉快だなんて言っていられない。
      価値観がここまでずれていると、共同生活は無理だ。
      居座るホームレスも気持ち悪い。


      どの短編も、物語として客観的に見れば滑稽なのかもしれない。
      しかし、『図書館の神様』に救われた思いがしただけに、瀬尾まい子の作品は自分に重ねて読んでしまう。
      そうやって現実を意識して読むと、どの短編も受け入れがたい。
      奇抜さはいらないから、素直な温かい物語を書いてほしい。

      >> 続きを読む

      2017/06/14 by

      優しい音楽」のレビュー

    • 評価: 4.0

      小説離れしていた私には、読み易くて、良い作品でした。

      2017/03/15 by

      優しい音楽」のレビュー

    • 評価: 5.0

      読み終わった後、幸せな気持ちになれる本です。

      この本に読書を好きになるキッカケを頂きました。

      3作品とも現実で起こると修羅場になりそうなお話ですが
      それを暖かく包み込む、瀬尾まいこさんの世界観が素敵です。

      2015/09/18 by

      優しい音楽」のレビュー

    • > この本に読書を好きになるキッカケを頂きました。

      転機になるような本との出逢いは素敵な体験ですよね♪ >> 続きを読む

      2015/09/18 by ice

    • 評価: 4.0

      なんだろう、この幸せな気分は!
      いびつな出会いが、離れがたい思いになる3つの短篇集。
      少ない登場人物と短い情景の中に、さらっと読める。
      出会いに億劫になった時に読めば、きっと、出逢いたい思いになる。

      若死にした兄似から来る告白、不倫相手の娘の子守、ホームレス男の居候
      と、面倒な出会いばかり。
      けれど、相手を思いやる波長が合うというのだろうか?
      結末は、幸せに満ちたりたような、しんみりくるような、不思議な感じになる。

      優しい音楽に包まれる感じ。
      見た目悪魔の天使イザベラのように、敵も味方にしてしまう。
      そして、新しいスタートへの思い。
      誰かに手を差し伸べたり、面倒な相談に乗ったり、したくなる。
      そこに、素敵な出逢いが待っているかもしれないと思えるから。
      瀬尾ワールドに包まれた幸せで爽快な読後感。
      >> 続きを読む

      2015/05/14 by

      優しい音楽」のレビュー

    • 幸せになりたい…
      社会人になって痛感してます、出会いって人生においてとても貴重ですよね >> 続きを読む

      2015/05/14 by tochan

    • タイトルから興味が出てきました!

      今度読んでみます!

      2015/05/14 by tanuki


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤサシイオンガク
    やさしいおんがく

    優しい音楽 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本