こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ユリゴコロ

4.2 4.2 (レビュー6件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 670 円
いいね!

    「ユリゴコロ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      偶然家の押し入れの中で発見した「ユリゴコロ」という題名のノート。
      そこには狂気ともいえる殺人者の様子が書かれていた。

      このノートの持ち主は父なのか
      ここに書かれている事は事実なのか?小説なのか?
      そして、書いたのは父なのか?母なのか?

      前半は殺人者の異常な心理がとにかく恐ろしくて、気味が悪くて、
      なぜこの本を手にとったのだろう、と若干の後悔を感じながらも、
      なぜか読むのをやめられない。

      ところが後半に進むと
      いつのまにかミステリーから家族愛のストーリーへ変化していた。

      読み始めた時と読み終わった時の感情の違いの大きさは
      過去最高!!!
      ジェットコースターでいうなら「FUJIYAMA」級。
      >> 続きを読む

      2018/01/05 by

      ユリゴコロ」のレビュー

    • >ジェットコースターでいうなら「FUJIYAMA」級。
      ものすごい落差ってことですね。しかも爽快!?
      私はジェットコースター苦手ですけれども…(^^;)
      >> 続きを読む

      2018/02/08 by 月うさぎ

    • >月うさぎさん
      ものすごい落差です。
      あ、でも低いところから高いところへ、だからジェットコースターの例えは
      ちょっと違ったかもしれません^^;
      >> 続きを読む

      2018/02/14 by アスラン

    • 評価: 5.0

      「まほかるを読んでみて欲しい」
      知人にそう告げられ、私が最初に手にした沼田まほかる作品、それがこの“ユリゴコロ”だった。

      あらすじを読んだ時の第一印象は、怖そう。自身の犯した殺人について告白した4冊のノートを、主人公が見つける、とある。とても不穏だ。実際、読み進めていくほどに、ノートの書き手の行いも過激になっていく。積み重なっていく恐怖感が、ページをめくる手を止めさせてくれない。

      そんなホラーサスペンスな前半の読み味に対し、後半は解決編が始まる。真実が少しずつ紐解かれていくごとに恐怖感は薄れ、「そういうことだったのか」と驚かされる。まさに“幸せなどんでん返し”だ。すべての謎がわかるまで、またページが止まらなくなる。

      読後にやってくる結末を、ぜひ味わって欲しい。映画も始まるので、そちらも観てみようと思う。
      >> 続きを読む

      2017/09/11 by

      ユリゴコロ」のレビュー

    • 沼田まほかるさんの作品昔読んだんですが途中で挫折しました。
      物語の間々に挟まれる化物?異形の存在の描写が酷く怖くて・・・。自分の想像の中の物が想定した以上に激しく形どってもう、怖くなって怖くなって。。。

      でも、
      >真実が少しずつ紐解かれていくごとに恐怖感は薄れ、「そういうことだったのか」と驚かされる。まさに“幸せなどんでん返し”だ。すべての謎がわかるまで、またページが止まらなくなる。

      このお言葉でちょっといつか挑戦してみたいな~と思いました(^^♪

      因みに「ユリゴコロ」という字面だけ見ると昨今の百合的な作品なのかなと錯覚というか思い込んでしまいましたね(笑)
      >> 続きを読む

      2017/09/12 by 澄美空

    • この“ユリゴコロ”はホラーではなく、ミステリだったので、化物が登場することもなかったです!
      辻村深月作品のような、「ああ、そう繋がるのか!」という発見が出てくるので、私はドキドキしながらも楽しく読むことが出来ました。
      そう、字面だけだと百合系かな?って思いますよね!笑
      >> 続きを読む

      2017/09/12 by ディンゴ

    • 評価: 4.0

      お勧め度:☆8個(満点10個)。いやー面白い。これほど読み始めと読み終わりの気持ちが違った作品は初めてだ。最初は父の部屋で見つけた手記の内容に少し引く感じで、何か読んでいてちょっと恐ろしかったが、読み進めて行くうちに、いつのまにか心がほだされていき、最後はほろりとしてくる。

      また、話の構成が素晴らしい。最初から謎と恐怖が次々に提起され、先が読めない、どのように終止符をつけるのか予想もできない展開で進む。最後はちょっとした驚きで終わるのだけれど、その終り方がまた心に染みる。今までの恐怖が安らぎに変わり幸福に昇華していくようなラストだった。

      実にしてやられた感が隠せないのは作者の腕なのか、読み終えて暖かい気持ちにもなる。是非一度読んでいただきたい作品だと思う。映画化もされるみたいなので・・・。
      >> 続きを読む

      2017/05/24 by

      ユリゴコロ」のレビュー

    • 評価: 5.0

      4年位前に読んだ。もう一度読み直して 書きます。

      2017/01/26 by

      ユリゴコロ」のレビュー

    • 評価: 4.0

      話題になった「ユリゴコロ」は題名が意味不明なのがかえって面白そうに思った。前に「九月が永遠に続けば」を読み始めて、これは合わないと思って止めた。本欠乏時代は活字なら何でも読んで、きちんと最後まで読むと何かしら面白いところが見つかった。それが今では、部屋に本が溢れて山崩れがおきそうな有様になっている。読みたい本が多すぎるので、よく味わいもしないで止めるのに心が痛まなくなった。
      この「ユリゴコロ」はとても面白かった。それでもう一度読んでみようと「九月~~」を探したが、もうどこにも無かった。たまに片付けるとこうなる 泣



      二ヶ月前に母が亡くなり、祖母はケアハウスに入っていて、父が世話に通っている。その父も膵臓がんなのだが、治療を拒んでいる。
      亮介には弟の洋平がいる。
      亮介は家を出て、ペット同伴の、シャギーヘッドと言う喫茶店を開いている。
      たまたま実家に帰ると押入れが開いていて、雑に出して片付けたようなダンボールの箱が見つかった。父のものだったが、底の方に茶封筒に入った4冊のノートがあった。

      日記と言うか手記というか、誰かが書いたらしい文字がびっしりと詰まっていた。最後に空白が残っているものもあった。父のものだと思うと気がとがめたが、読んでみた。

      タイトルはユリゴコロと読めた。そしてひどく特異な出来事が記されていた。
       私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか。脳の中ではいろいろなホルモンが複雑に作用しあっていて、そのバランスがほんの少し変化するだけで、気分や性格がずいぶん変わるのだとか (略) 私の診察はすぐすみましたが、そのあとで母はいつも、家での私の様子を長々と医師に話しました。医師は毎回同じ、低い声で話す、眼鏡をかけた人でした。ときには涙も混じる母の話を、根気よく頷きながら聞いていましたが、必要になればぼそぼそと説明をさしはさみます。言い訳めいた口調でよく言っていたのは、この子には・・・のユリゴコロがないからしかたがない、というふうなことです。・・・の部分はときによってちがうので覚え切れませんでしたが、ともかく、いろいろな種類のユリゴコロがあって、そのどれもがわたしにはないらしいのです。
      書き出しがこうだった。

      怖くなってダンボールを押入れに戻して、そのうち忘れるだろうと思ったのだが、最後まで読まずにいられなかった。

      父が出掛けたすきに押入れを開けて、誰が書いたのかわからないまま、ノートを読み進んでいく。

      亮介は幼いとき肺炎で入院したことがある。母はベッドのそばで優しく看病をしてくれた。そんな事をおぼろげながら覚えている。退院してうちに帰ると住んでいた前橋から奈良の駒川市に引っ越していた。入院前と後ではなんとなく母の印象が違っていたように思ったが、子供心の思いなどは当てにならない。

      そういえば母が亡くなる前、何かにおびえているように見えなかっただろうか。

      それにしても、亮介にとっても内容が重たすぎる。弟に協力してもらって、気になるところから解決しようと思う。

      父に直接は聞きづらいし、弟は軽い気持ちで聞き流しているようだ。

      見つけた手記も気になるが、店のシャギーヘッドでは結婚の約束をしていた店員の千絵が出て行ってしまう。なにも言わないで消えてしまった。店員なので手を抜いて採用時の書類もない。亮介は気力がうせてしまう。
      だが店で何かと気に掛けてくれる年配の店員の細谷さんが、一番の支えだった。
      細谷さんは千絵のことを自分のことにように調べだす。
      そして行方を突き止めてくれた。

      もうたまらず手記を読み終え、勇気を出して父に聞いてみた。これは誰が書いたものですか。

      父はもう先が永くは無いだろう、と話すことにした。

      亮介は、全てについて知ることになる。



      手記と亮介の生活が交互に書かれている。不思議な出来事は緊張感があり、周りの思いやりが重く、ときには暖かく、最終章に向かっていく。
      変わった設定、情景の描写が続くが読後感は悪くない。と言うより、珍しいケースをテーマにした面白い話だった。

      機会があればほかの作品も読んでみようと図書館に予約した。

      その本が来る頃は、周りの積読本も少しは減っているでしょう、楽しみにしている。
      >> 続きを読む

      2014/10/03 by

      ユリゴコロ」のレビュー

    • レビューを拝見して、ガッツリ読みたくなりました。

      寸止めで、おあずけされている気分です(笑) >> 続きを読む

      2014/10/04 by ice

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    18人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ユリゴコロ
    ゆりごころ

    ユリゴコロ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本