こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

おいしいバイトマニュアル

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 労働経済、労働問題
定価: 480 円

高失業率&就職氷河期の時代、社員になって、リストラに怯えながら会社にしがみつくばかりが能ではない。バイトは自由で気まま。しかも、やりようによっては社員よりも稼げるのだ。失業保険や有給、確定申告などバイトにもある“おいしい制度”から、時給UPや残業代獲得の裏技まで、使える情報が満載。

いいね!

    「おいしいバイトマニュアル」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      アルバイトでももっと良い待遇が得られるための理論武装。

      正社員採用が難しいこの時代にこそ、アルバイトの理論武装は必要だろう。

      チャランポランなバイトライフを推奨しているわけではないので好感を持った。

      アルバイトで得しようという主旨なので、どれだけ仕事をしないで、どれだけ多くの収入を得るかというマニュアル本かと思っていたが、そればっかりでも無かった。

      各種健康保険制度や有給休暇。失業保険や労災など、正社員として勤務していれば有事の際に間接部門に確認すれば良いという程度の認識で切り抜けられることが多いが、アルバイトの立場では自身で身に付けておかないと不利を被ることは想像できる。

      学生時代にはアルバイトに明け暮れていたが、当時はアルバイトとは言え、責任を持って取り組んでいたし、正社員よりも仕事はできると思っていた。
      そして時給は1,000円程度だったため、高給で遇されていると満足していたのを思い出す。

      そして社会に出て現在。
      どれだけ責任を持って仕事をしていたつもりでも、そもそもアルバイトに任される仕事は基本的には誰でもできる仕事。この類の仕事は、熟練した従事者に高給を支払うよりも、常に安い労働力を追い求めるカテゴリの仕事なので、時給の上昇は責任ある仕事を評価された結果だとは限らないことに気付いた。

      そして当時は高給だと受け取った1,000円という時間給。
      社会に出て客先折衝する立場になると、アルバイト時代はいかに搾取されていたのかと怒りさえ覚える。

      誰にでもできる単純な仕事ではなく、高付加価値の仕事ができるようになることが結局は収入の工場に繋がることを再認識した。

      結局、責任が圧倒的に少ない分だけ待遇も圧倒的に悪いのがアルバイトだと思う。
      >> 続きを読む

      2012/05/04 by

      おいしいバイトマニュアル」のレビュー

    • 本当におっしゃる通りだと思いつつ、でも初めてバイトして初めてお給料もらった時って嬉しかったなぁーなんてふと学生時代を思い出しました☆ >> 続きを読む

      2012/05/04 by sunflower


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    オイシイバイトマニュアル
    おいしいばいとまにゅある

    おいしいバイトマニュアル | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本