こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

もこもこもこ

みるみる絵本)
3.5 3.5 (レビュー2件)
定価: 1,305 円

Picture book with one-word descriptions that rhyme with each scene.

いいね!

    「もこもこもこ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「奇妙な絵」と「擬音語、擬態語」のみで構成されたシュールな世界観。
      不気味さすら感じるこちらの絵本。
      子ども(1歳児)にバカ受けです。

      有名な絵本なので試し読みしたことはあったのですが
      どうも息子にウケルとは思えず購入せず。
      ところが、保育園で先生がこの本を読んでくれた時
      子どもたちが、そりゃーもうハイテンションで!

      母ちゃん、さっそく本屋へダッシュです。


      「ギラギラ」では手をにぎにぎさせたり
      「バーン」では手をぱちーんとさせたり
      「しーん」では鼻の穴に人差し指突っ込んだり(たぶん"しー"をやりたい)
      最近「にょきにょき」では、私も一緒に体全体をにょきにょきさせたりして
      全身使って親子で楽しんでいます。
      >> 続きを読む

      2013/11/22 by

      もこもこもこ」のレビュー

    • もこもこもこみちw

      2013/11/23 by makoto

    • ▼chaoさん

      >子供ならではの感性なんでしょうね、スゴイなぁ♪
      本当にそう思います^^
      大人が面白いと思ったものが、子どもには全然うけなかったり…
      見えているものが全然違うのかなって思ったりします。

      >めちゃめちゃいいママですね~♪
      照。
      絵本は半分私の趣味みたいなものなので、半分は自分のためだったります。笑

      ▼借りてくるさん

      言われてみれば。確かに読み手の技術いるかもしれません。
      うちの子(1歳)はすでに保育園の先生の技術で楽しく読めていたのでちょっとわからないんですが、
      小学1年生の姪っ子は、初見で「おもしろーい!www」と大ウケでした。
      月齢にもよるのかもしれませんね^^

      ▼空太さん

      >ストーリー的なものはあるんですかね?

      ストーリーと呼べるか怪しいですが(笑)、誕生⇒消滅⇒再生(誕生?)という展開になっているように思えなくもない。
      です。たぶん。きっと。
      …なんかすごい深い絵本のように思えてきました。

      ▼sunflowerさん

      >表紙のこの緑のは何者なんでしょう!?
      読み終わった今も何者なのか、全然わからなかったです。笑
      でも、やつは生きています。間違いなく。

      ▼iceさん

      >ゴミ箱(燃えるゴミ)の蓋が半開きな状態のようにも見えます...

      iceさんのコメントを見て、そうとしか見えなくなりました。笑

      ▼makotoさん

      たぶん、オリーブオイルをもってしても、この緑色は喰えんと思います。
      >> 続きを読む

      2013/11/25 by ∵どた∵

    • 評価: 3.0

      不思議でおかしな世界の絵本。
      結構有名な絵本ですが、これがなかなか「タダモノ」ではないのです。
      2歳までの幼いこどもさん向けの絵本で、ちょっとでも育った子供にはもう遅いかもしれません。

      何よりも、色彩が鮮やかできれいです。
      大型絵本なので、こどもの目の前に大きく広がって惹きつけられると思います。

      内容は…シュールというか抽象的というか。

      まず「詩人・谷川俊太郎」を期待してはいけません。

      文字で表現されているのは、擬態語に擬音語だけ。

      「しーん、もこもこ、にょきにょき ふんわふんわ」 などなど。

      なんだかわからないモノがなんだかわからない動きをみせて変化して
      それだけです。

      大人でこの本を「すごくいい!」っていう人は多くないでしょう。
      でも、こどもによっては、バカに大ウケするんだそうです!!!
      本当に小さい子どもの世界って大人とは別のものを見ているんじゃないでしょうか。
      これで笑えるんだっていうんだから。


      私の感性では、この絵本の世界 「怖い」んですよね。

      とても気持ちがわるいんです。

      何か、自分が取って食われるような、そんな居心地の悪い不気味さがあるのです。

      たま~に、この本を嫌がるお子さんもいるみたいですから、
      (なんだか仲間のような気がしますね)
      子供の個性によってあたりハズレがある本と言えるでしょう。

      自分で買うにはちょっと躊躇する絵本かもしれませんが、
      プレゼントにするにはきれいでインパクトがあって良いのではないでしょうか。
      >> 続きを読む

      2013/07/04 by

      もこもこもこ」のレビュー

    • シュールさん
      おお!目のつけどころがいいですね。
      最初の「もこ」で盛り上がっているんですね。芸が細かいです。 >> 続きを読む

      2013/07/06 by 月うさぎ

    • makotoさん
      〉土管から出て来るパックンフラワー
      ???
      任天堂のゲーム「スーパーマリオブラザーズ」に登場する敵キャラクター。
      土管の中から出現する、鋭い歯を持つ人食い植物のモンスター。
      なるほど~。

      私が「怖い」思うという感想と共通するものを感じました。

      パックンフラワーの原型だと思われるのが「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1960年)の食人植物ですね。
      B級コメディー&ホラー映画なんですがリメイクやミュージカルになっているので、
      今でもとっても人気があります。
      (日本未公開だったらしいのに有名)
      リメイク映画の予告映像はこちら。見てごらん~♪
      http://www.youtube.com/watch?v=GB1BOqYrWDk
      >> 続きを読む

      2013/07/06 by 月うさぎ

    関連したレビュー

      文研出版 (1977/04)

      著者: 谷川俊太郎

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 5.0

        二人の息子がはまった一冊。
        そして私もはまった不思議な絵本。
        こどもたちは、擬音のリズムにはまっているのだろうけど、
        私はつい輪廻転生とか、食物連鎖による世界の成り立ちとか、大袈裟に考えてしまう。
        いや、考えさせられてしまっているのかも。

        2013/12/05 by

        もこもこもこ」のレビュー

      • 絵本を読むと大人なりの考えで解釈してしまうことありますよね〜

        2013/12/06 by ゆきんこ

      • お子さんたちとワイワイな感じがほっこりです☆

        2013/12/06 by aimi☆


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    モコ モコ モコ
    もこ もこ もこ

    もこもこもこ - みるみる絵本) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本