こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

2015年卓上カレンダー ねこもよう: ミケからブチまで12か月 ([カレンダー])

5.0 5.0 (レビュー1件)
定価: 1,080 円
いいね!

    「2015年卓上カレンダー ねこもよう: ミケからブチまで12か月 ([カレンダー])」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

        「眠れぬ夜に犬について思うこと」
       
       
       三十代の半ば頃から、誕生日から梅雨明けにかけて余り寝つけない日々がつづく。元来体力はあるほうで、ごろりと横になれば体の疲れは楽になるが、それよりも眼を休ませることが大事。だから部屋を真っ暗にして、完ぺきに光を遮断して布団に入る。恥ずかしい話だが、一人で眠るときは豆電球をつける。
       
       隣の布団からピアニシモな寝息が聞こえたとき、ぼくの眠れない夜もはじまる。この頃よく考えることは、やはりもし独りになってしまったときのことだ。家内は四つ上で、日本の平均寿命を考えるとたぶんぼくが先だと思うし、いまの健康状態からいってもおそらくそうなると思うが、まあ人生には事故やら急な病気やらが付き物だからすこし怖い。
       

       そこで猫を飼ってはどうだろう? とまず猫を候補にしてみるが(ぼくは猫好きで、だから今年のカレンダーはこれにした)、猫は余り孤独を癒してくれない気もする。好き勝手自由に行動するからね。夢のような話をすれば、映画「ハリーとトント」がぼくの理想であり、トントのような猫と毎日神社で遊べればそれでいいのだが、やっぱりあれは非現実的だ。

       映画といえば、最近おもしろい犬の映画をみた。タイトルは「犬と私の10の約束」。かんたんな筋を紹介すると、

      〈主人公の斎藤あかりの母親が重い病気となり、あまりながく生きられないと分かるところから物語の幕があく。ある日、庭にひょっこりと姿をみせた犬を飼いたいとあかりは母親に相談し、母親はそれを許可した。自分があかりを見守っていけない代わりに、その犬(名前はソックス)にあかりのことを託そうとしたのだ。母親はソックスと10の約束をすることを娘にお願いした。そしてまもなく母親は逝き、その約束を守りながら父親とソックスと三人家族で暮らしはじめて……。〉

       ぼくが涙もろいせいか、けっこう泣いてしまった。父親の変化とソックスの健気さに心打たれるのだ。正直いって、犬のすばらしさに目覚めてしまった。犬は孤独を慰めてくれる力をもっている。しかし飽きっぽいぼくに犬の世話などできるのだろうか? う~ん、たぶんむずかしそう。結局いつも通り、世話好きな女性が必要だと結論を下す三歩まえで浅い眠りへと落ちていった。

       (来年のカレンダーは、たくさんの犬の写真付きのものを買うつもりです)
      >> 続きを読む

      2015/05/29 by

      2015年卓上カレンダー ねこもよう: ミケからブチまで12か月 ([カレンダー])」のレビュー

    • 澄さん、コメントありがとうございます。
      >大きい方は16年生きました。自分が小学生になった年に生まれて共に成長した感があります。
       なるほど。レヴューで紹介した犬の映画もそんな感じなんです。なんかいいですよね。いっしょに成長するって。

      >どちらも今は居ないですが、飼ってた頃は矢張り可愛かったですね。癒やしというか、顔や行動を観てると元気になってほっこりしましたね。
       やはりそうですか。ぼくはペットを飼った経験ないんですよね。夏休みに飼育小屋の当番やったくらいかな? しかし、ナントナク分かりますよ、その気持ち。

      >今頃は母や祖母、叔父たちと一緒に楽しく跳ねまわってると思います(^^♪。
       そうですね。なんだかぼくも犬を飼ってみたくなりました うふ♪(* ̄ー ̄)v
      >> 続きを読む

      2015/05/29 by 素頓狂

    • すももさん
      >あ!私も「世界ネコ歩き」観てますよ♪
      癒されますよね(*≧∀≦*)
       うんうん、ぼくも大好きです。岩合さんの猫を撮る視点がなんかやさしいので癒されます。あと、場所が変わると猫の雰囲気も変わるところとか面白いです (*´∇`*)

      >録画予約しているのですが、最近観れてなくてたまってますが( ノД`)…
       ハッハッハ、なかなかまとめて観るものではないからね。ちょっとちょっと観ていくしかありません(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/05/29 by 素頓狂


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    2015年卓上カレンダー ねこもよう: ミケからブチまで12か月 ([カレンダー]) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本