こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

文芸東西南北

明治・大正文学諸断面の新研究
著者:
カテゴリー: 日本文学
定価: 2,940 円

泉鏡花、島崎藤村、成島柳北等の大家から今や忘れられた小説家まで。古今東西の文献を博捜し、ユニークな視点から明治・大正文学史を考証的に研究した“最後の文士”木村毅の代表作。

いいね!

    「文芸東西南北」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ブンゲイトウザイナンボク メイジタイショウブンガクショダンメンノシンケンキュウ
    ぶんげいとうざいなんぼく めいじたいしょうぶんがくしょだんめんのしんけんきゅう

    文芸東西南北 - 明治・大正文学諸断面の新研究 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本