こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

少年犯罪

ほんとうに多発化・凶悪化しているのか
著者:
カテゴリー: 社会病理
定価: 693 円

マスメディアによる少年犯罪報道は、ほんとうに正しいのだろうか。一九九〇年代に「頂点」に達したといわれる少年犯罪の本質を、報道のされ方、統計の見方などの側面から歴史的に検討し、現在の少年犯罪の課題についても論及。「互いに働きかけあい、相互に行為しあうなかで作り出されるもの」として考察する。少年犯罪を考えるための基準点をステレオタイプな説明を避けて提示する。

いいね!

    「少年犯罪」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ショウネンハンザイ ホントウニタハツカキョウアクカシテイルノカ
    しょうねんはんざい ほんとうにたはつかきょうあくかしているのか

    少年犯罪 - ほんとうに多発化・凶悪化しているのか | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    養生のヒント

    最近チェックした本