こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

女地獄情艶剣

千乃介淫画帖
カテゴリー: 小説、物語
定価: 650 円

五月の明け方、武術の名手にして天才絵師、櫟千乃介が川釣りに興じていると、上流から人影らしきものが流れてきた。半裸の美女で、身体のあちこちには縄で縛られた痕が残されていた。激しい陵辱の痕であった。ショックで自分の名前すら覚えていない女を、千乃介は江戸家老の娘、佐和に預ける。佐和は性の秘枝を尽くして女を快楽に溺れさせ、男に対する恐怖心を癒すという。そして事件の数日後、頭巾をかぶった謎の侍が千乃介を訪ねてくる...。

いいね!

    「女地獄情艶剣」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オンナジゴクジョウエンケン センノスケインガチョウ
    おんなじごくじょうえんけん せんのすけいんがちょう

    女地獄情艶剣 - 千乃介淫画帖 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本