こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

教科書に載った小説

4.0 4.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円

佐藤雅彦が編んだ本。名作12篇。

いいね!

    「教科書に載った小説」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      中学、高校で、教科書に載った小説を著者が編集したもの。

      教科書というと、感想を述べよ、このとき主人公は何を感じたのかとか、
      先生の問いや、試験の問題を意識してしまう・・・・。

      その小説、そのものを味わうなんて、二の次。

      すべて短編だが、全集にしか収録されていないものも多く、
      教科書でしか出会う機会のない作品も多い。

      今の、中学、高校の国語の教科書、私達でも手に入れることはできるのでしょうか。
      一度、学生気分で、読んでみたいものですな。
      >> 続きを読む

      2016/05/18 by

      教科書に載った小説」のレビュー

    • 年度初めに教科書が配られると、まっさきに国語の教科書の小説を一通り読んでいました。模擬試験で初見の文章を観ても、ついつい読書していました…
      中高だと、ヘッセの『少年の日の思い出』、漱石の『こころ』、太宰の『走れメロス』、志賀直哉の『城の崎にて』とかでしょうか。なつかしい!時代によって変わっていそうですが、今の教科書はどんなでしょうね。
      >> 続きを読む

      2016/05/19 by ワルツ

    • >年度初めに教科書が配られると、まっさきに国語の教科書の小説を一通り読んでいました・・・・・ワルツさん凄い。

      中高時代で、国語の教科書の小説、一つも思いだせません。
      思い出せるのは、唯一、大学の英語の「レベッカ」だけですか。
      >> 続きを読む

      2016/05/21 by ごまめ

    • 評価: 5.0

      本当にどれも面白い。
      面白いという表現が妥当かどうかというと、そうではないような気がするが、興味深いとか印象に残ると、再読したいとか、いろんな意味をまとめて面白いとなる。

      ある意味、佐藤雅彦さんが選んだショートショート集とも言えるかもしれない。
      印象として、これらの作品は、今の時代にもフィットしているということだ。
      いいものは、やはり、時代を超えた価値があると思う。
      いや、今の時代だからこそ、さらに価値が意味が深くなっているとすら思ってしまうのは、果たして、いいことなのだろうか? >> 続きを読む

      2014/08/08 by

      教科書に載った小説」のレビュー

    • 教科書に載っていた小説ってなぜか覚えてられますよね!

      2014/08/08 by Ject

    • >けんとまん さんへ

      佐藤雅彦さんの「毎月新聞」は

      私の中で離れ小島へ持っていくなら、

      どれにしようか、迷う中の一冊です。

      >> 続きを読む

      2015/08/29 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キョウカショニノッタショウセツ
    きょうかしょにのったしょうせつ

    教科書に載った小説 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本