こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

クローバー・レイン = Clover Rain

4.7 4.7 (レビュー4件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

本を「作る人」になってみて、わかったこと、思ったこと。あちこちに熱い思いが迸る、小説が届くまでの物語。

いいね! Tukiwami

    「クローバー・レイン = Clover Rain」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 評価なし

      レビューで知った1冊です。

      編集者がたまたま読んだ原稿を本にする苦労、
      本を出して終わりでなく平台に置いて見て手にとり読んでもらいと。。。
      本の話に登場人物の身の上話がうまく絡んでよかったよー
      スピンオフで「シロツメクサの頃」はでていないのねw

      初読みの作家さんでした。
      いろんな皆さんのおかげで新しい作家さんとの出会いが
      ほんとーに増えて読みたい本がたくさんw



      >> 続きを読む

      2016/02/13 by

      クローバー・レイン = Clover Rain」のレビュー

    • 澄美空さん

      はい!読みましたよおおー
      辻村さんとかならスピンオフでてたかな?と思ったり〜w
      お互いアチコチ回らないですねw
      >> 続きを読む

      2016/02/13 by 降りる人

    • さすがです~!!
      そうですね。確かに!ほぼ8割くらいの確率で出ますよ(笑)
      そうですね~。歳ですかね~(TOT) >> 続きを読む

      2016/02/13 by 澄美空

    • 評価: 5.0

      とても優しい温かい言葉で紡がれる本が出来上がって書店に並ぶまでのお話。

      いつも何気なく書店やネットで本を買っているが実はその裏、過程には色々な大変さと苦労、想い、努力などが積み重なっているんだなあと、その上で出来上がり書店などに並びそれを自分は買ったりその後図書館などで借りて読んでいるんだなあと。そして「おもしろい」だの「つまらない」などと批評と言うか想いを抱いたりしてるわけで。

      ほんとに1冊本にしようとするのがどれだけ大変なのか・・・その中には色々な人の努力と想いがあって・・・この作品を読んで改めて読める楽しさ、有り難さが痛い程胸に沁みた。

      主人公の人物描写も良かったし、他出版社との競争や作家の想い、その家族のバックグラウンドや本に携わる人達の苦悩と喜び、そういった描写がほんとに綺麗な澄み切った文章と言葉で彩られてる・・・ほんとに良い作品だ。


      最近は派手な描写の作品やちょっと捻くれた作品を読んでいたのでこの作品はそんな荒んだ心に吹く爽やかなそよ風の様な感じがした。この作品を読んでいると心が浄化されてくような優しくなれるような感じがした、読後の気持ちもとても穏やかで凪いでいる。


      個人的には主人公と作家の娘との恋仲の進展が、続きが気になる。こういう描写もさり気なく作品全体に良い意味で影響を及ぼさない程度に書かれているところも良いし素晴らしい。


      ほんとに気持ちの良い読後感だ・・・!


      は~っ、読めて良かった・・・感謝感謝です。
      >> 続きを読む

      2016/01/28 by

      クローバー・レイン = Clover Rain」のレビュー

    • 大崎さんの本は、本を愛する美空さんにぴったりだと思います。
      ハズレもあるので要注意ですが・・・(^_^;)
      「平台がおまちかね」も、友人が良かったと言ってました!
      >> 続きを読む

      2016/01/30 by あすか

    • あすかさん
      ありがとうございます!そう言って頂けて嬉しいです♪
      本を愛する・・・くすぐったいですね。再度ありがとうございます!
      そうなんですね。了解しました!見極めが大事!ですね(^^♪
      あー!その作品知ってます!図書館に確かあったはず。今度検索してみますねv(´∀`*v)ピース
      >> 続きを読む

      2016/01/30 by 澄美空

    • 評価: 5.0


      物語
      小説家
      編集者
      物語の中の思い



      本を読んで本を学び、本の中の物語の中の物語を読み、
      「本」が私たちに触れるまでの話し、そして触れるまでの歩み、
      触れるための道。確かに本をすべて見てもらうには一つ一つの道があり、「本」となっていないものもあるのだということ。
      何かするときにこうして強い思いをもってやり続けることが
      みんなの心を動かすのかなと思いました。
      >> 続きを読む

      2016/01/07 by

      クローバー・レイン = Clover Rain」のレビュー

    • おもしろそうですね(^^♪。
      早速図書館で検索してみたいと思います!

      >何かするときにこうして強い思いをもってやり続けることが
      みんなの心を動かすのかなと思いました。
      仰る通りだと思います!これは凄く気になりますっ!!
      >> 続きを読む

      2016/01/07 by 澄美空

    • 評価: 4.0

      ひとつの本ができあがるまでの話。

      「本」がますます好きになれる作品。

      置き場所が無いからと図書館の本ばっかり読んでるけど、そろそろお気に入りを買い集めて本棚を作りたい!とワクワクしてきました。

      2013/01/24 by

      クローバー・レイン = Clover Rain」のレビュー

    • 読書ログでも、お気に入りだけを集めた本棚が作れたらいいですね♪

      2013/01/24 by ice

    • 開いた本から、メッチャ草が生えている絵が斬新ですねー♪

      2013/09/10 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    クローバーレイン
    くろーばーれいん

    クローバー・レイン = Clover Rain | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本