こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫)

4.5 4.5 (レビュー2件)
著者: 寺地 はるな
いいね! Tukiwami

    「([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      婚約破棄された主人公が道端で号泣している時、
      知らないおばさんがひょっこり現れて家に連れ込まれ、
      この雑貨屋で働きなさいという。
      その雑貨屋さん「ビオレタ」で売られているのは「棺桶」だった。
      あなたが捨てたいものはなに?

      悩み多きアラサーにぴったりな物語です。
      宮下奈都の「太陽のパスタ、豆のスープ」を
      思い出しました。

      「余白は大切」
      >> 続きを読む

      2017/08/04 by

      ([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      こういう話が私は本当に大好きです!

      優しさに包まれていて、そっと背中を押してくるような、こういう話を読む度に本っていいなって、本がまた好きになります!


      主人公が、心の傷から立ち直りながら、自分を振り返ったり、立ち止まったりして、大切なことに気づいていく、

      納得させられる言葉もいっぱいで、

      『人の隠れている美質を引きだして育てられる人と駄目にしてしまうう人がいる』

      『一番大切なものをちゃんと知っているってことが一人前』

      と、大事なことを優しく伝えてくれます。


      この話しを読んでいると、焦らなくっていいよって言ってもらえてる気がして、気持ちが楽になります。
      なんか旅とかにもっていきたいです!前向きにさせてもらえる、とてもお気に入りの一冊です!
      >> 続きを読む

      2017/07/05 by

      ([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ([て]3-1)ビオレタ (ポプラ文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    不登校の僕と空

    最近チェックした本