こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

パドルの子

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 虻川 枕
いいね!

    「パドルの子」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      内容紹介-------------------------------------------------------
      中学2年生の水野耕太郎は、ある昼休み、旧校舎の屋上一面に広がる水たまりを見つける。そこで大胆に美しくバタフライで泳いでいたのは、学校一有名な水泳部の水原だった。公衆伝話のおつり、海の巨大な水源、水を降らす飛行船、校庭の世界樹…ひとつずつ世界を変えていく二人。ある瞬間、水原が見せた涙の理由を探した水野は、思いもよらない真実に気づいてしまい―。ポプラ社小説新人賞受賞作。
      ---------------------------------------------------------------

      どんな願いも一つだけ叶えることができるとしたら、何を願うだろうか?
      私ならこうだ。

      「無限に願いを叶えられるようにしてほしい。」

      少なくない人がこう考えるのではないか。

      物語で耕太郎が目にした屋上の水たまりは、飛び込んで強く願うと1つだけ願いを叶えられる。
      こうした力の可能性は、使い手の想像力次第だ。

      その想像力の欠如によって、魅力的なプロットが惜しいことになってしまっている。

      耕太郎が出会う女の子・水原は、ある目的があって世界を改変しているのだが、もっとやりようがあるだろうと思ってしまうのだ。
      彼女は何かと「消す」ことを選ぶのだが、何かを追加するとか行動を変化させることで、リスクを少なく思い通りに状況を動かすということもできるはずだ。
      ラストにかけては切ない匂いがしていて物語がどうなるか気になっていたが、水原の選択を知った私は「いやいやそこまでしなくても!」と突っ込みたくなってしまった。

      というかそもそも、パドルができるのは旧校舎が取り壊される夏休みまでとなっているが、それをパドルで改変してしまえばいい。
      時間制限がなくなればやり直しも可能だし、目的達成への道のりは変わってくる。

      登場人物の想像力の欠如は著者のそれを表していて、世界設定にもその影響が出ている。
      改変後の世界に無理がありすぎるのだ。
      剣と魔法の世界と言われれば魔法を受け入れることはできても、現実に即した世界でファンタジーをやられると、途端に受け付けなくなってしまう。
      地球上の水の循環は気象ではなくて海にある巨大な穴が担っていて、蒸発した水分は宇宙空間に逃げている、というのは無茶だ。

      読んでいる途中で疑問点が無数に出てきて、終盤で伏線として回収されるのは見事。
      しかし、あまりにいくつも引っかかるところがあるので、スムーズに読み進めることが難しい。
      伏線回収時の感動よりも、読んでいるときの苦痛の方が勝ってしまった。
      これは好みによるところだと思う。
      私はミステリーが好きなわけではないので……。

      キャラクターは耕太郎はとても冷めていて、彼の視点で読み進めているとなかなか物語に入り込めない。
      水野に惚れるのだろうとは思っていたが、印象的なイベントは冒頭くらいで、水野の内面も見れない展開が続くので、納得しづらかった。
      一目ぼれとか、数日間の恋はよくあるが、その場合は大げさなくらい魅力的に描いてしまっていいと思う。

      文体は読みづらいというほどではないが、たまに引っかかるところがある。
      経歴がゲームのシナリオライターだとわかると「ああなるほど」という感じ。
      単純に下手というわけではなくて、シナリオライターっぽいのだ。

      でも気に入ったところもある。
      冒頭のシーンの水飛沫、夏っぽさ、屋上の水たまりで泳ぐ女の子なんていう不思議さ。
      「パドルの子」の意味が明らかになるシーンは全く予想していなくて衝撃的だった。

      ラストはそこまでしなくても、と先ほど書いたが、あれはどこかヤケになってしまったところもあるのかなとも思う。
      だとしたら、それを止めるのが耕太郎の役目だったはずだ。
      もっとロマンチックでいい。
      ロマンチックで押し切ってくれれば、私は割と理屈抜きで好きになってしまうのに。

      >> 続きを読む

      2017/08/12 by

      パドルの子」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    パドルの子 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    落語と川柳

    最近チェックした本