こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

しあわせの牛乳

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 佐藤 慧
いいね! Tukiwami

    「しあわせの牛乳」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      だれにでも読みやすく書かれています。
      岩手県岩泉町で山地酪農(やまちらくのう)をされている『なかほら牧場』の中洞さんが牛にとっても人にとっても自然な酪農を目指し、山での放牧を行う山地酪農を定着させるまでのお話です。

      これを読んでとても衝撃を受けました。
      今まで何も考えず、私たちが飲んできた牛乳、そしてその牛乳を搾られる牛の暮らし、このままで大丈夫かな、と不安になりました。

      人間でもそうですが、母親の食べ物によって母乳の味が変わり、脂肪分を多く含む食事をとる母親の母乳はドロッとしていて、魚や野菜を中心の食生活をおくる母親からは後味すっきりな母乳が出るので、本来牛が食べている草ではなく、飼料を調整して、牛乳を多く作れるような配合になっている餌を食べさせられる牛からの牛乳の味が変わるのも納得。

      牛乳を飲む国民の為に、量、成分優先の牛乳を作るために、牛を無理をさせて、その結果、20年生きられるはずの牛の寿命は4分の1の5年ほどだそうです。
      子牛も生まれてすぐに母親と離され、せまい牛舎から出ることもできず5年も管理されて死んでいく牛。
      出産も人工授精で管理されていて、飼料によるものなのか、異常のある子牛も生まれてくるとのこと。

      飼料もサイレージも輸入もので腐らないように、効率が良くなるように色々な操作をされて、そんな牛から絞られた牛乳を常時飲む私たちに、何も起きないはずない。

      山地酪農は、自然に大部分を任せ、牛にストレスがかからない、放牧によって糞尿が堆肥になり、肥沃な土地になり、そして山の管理にもなる。

      スローライフって色んな意味で大切で、人間は便利さ、効率の良さだけを追求していっては、色んな意味で、未来は狭まっていくのだろうな、と感じた1冊。

      自然の牛乳、大量生産できないので、普通の牛乳より割高にはなるけれど見つけたら買って、志を持った酪農家を応援したいと思いました。

      中洞さんは、近代酪農が増えていく中、地道な山地酪農に取り組み、それが理解されるまでずいぶんと辛い、苦しい時代を過ごしたそう。すごい人です。
      >> 続きを読む

      2019/01/04 by

      しあわせの牛乳」のレビュー

    • 現実問題を解決するために奮闘されている人の話は興味深いですね。

      技術をどう適用するのか考え続けることは本質的にコンセプトを考え続けることなので本当に頭の上がらない思いです。 >> 続きを読む

      2019/01/04 by 月岩水

    • 月岩水さん>
       明るい未来を作ろうと強い志を持って困難に立ち向かっている人は、素晴らしい。私には、そこまでの行動力はないので、身近で取り組めることをちまちま積み重ねることで応援したいです。 >> 続きを読む

      2019/01/05 by taiaka45


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    しあわせの牛乳 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    挑戦のススメ

    最近チェックした本