こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 解説 上西 充子解説 田中 信一郎
いいね!

    「緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      2018年7月20日。第196回国会の実質的な最終日に、それは
      行われた。内閣総理大臣であった安倍晋三に対し、野党は共同で
      内閣不信任案を提出し、野党第一党であった立憲民主党代表・枝野
      幸男による不信任案決議の趣旨説明演説である。

      記録が残る1972年以降、衆院最長記録となった2時間43分の演説を
      文字として起こしたのが本書である。

      私は当時、動画サイトで全部見たのだが、こうして文字に起こされた
      ものを読むと、改めてその巧みさに驚かされる。

      本書冒頭の「刊行の理由」でも触れられているが、議会制民主主義
      とは何か、日本の議会制民主主義が安倍政権によりいかに破壊され
      たか、が過不足なく述べられている。

      自然災害が発生しているのに、国会審議よりも災害対応をという
      野党の声を無視してカジノ法案の審議を優先させ、「ない」はず
      の自衛隊の日報がひょっこり出て来たり、森友・加計学園問題が
      持ち上がったり。

      もうこれだけでも、内閣の2つや3つ、吹っ飛んでていても不思議じゃ
      ないんだよね。

      「定額働かせ放題」と揶揄された高度プロフェッショナル制度なんて、
      厚労省のデータ自体が不正確なのに、それを下敷きにしてるんだから、
      この制度自体の必要性が私にはまったく理解不能なんだわ。

      TPPだってそうだよ。自民党が野党時代に「ウソつかない。TPP断固
      反対。ブレない。」なんてポスター、作ってませんでしたか?

      この約3時間に渡る演説が、要点を記したメモだけで行わていたことを
      初めて知った。原稿棒読みしか出来ない政治家もいるって言うのにね。

      アメリカ上院で行われたテッド・クルーズの21時間演説、バーニー・
      サンダースの8時間30分演説には遠く及ばないものの、嘘や欺瞞で彩ら
      れた安倍政権の、7つの大罪を網羅した枝野演説は名演説と呼んでも
      いいと思う。

      なんであんな政権が支持されたんだろう。今でも不思議だ。
      あ…次の政権も安倍政権を継承するんだよね?また嘘やごまかし
      てんこ盛りで、原稿棒読みですか、そうですか。
      >> 続きを読む

      2020/09/24 by

      緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本