こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

踏みにじられた初恋

カテゴリー: 小説、物語
定価: 690 円

広大な土地と館と城からなる地所、ヒーバーズ・ギル。館の使用人の娘だったブロンテにとって、そこは第二の我が家だ。当主が亡くなり、その甥であるヒースが相続したとき、ブロンテは不動産管理人として名乗りをあげた。今はロンドンで成功した幼なじみのヒースを呼び戻したかったからだ。一方、13年ぶりにブロンテと再会したヒースは困惑していた。かつて札付きの不良だった自分にとって、彼女は闇を照らす光だった。驚くべきことに、その輝きは今も変わっていなかったのだ。ブロンテに近づくな。ヒースは自分に命じた。無垢な彼女を傷つけるな。だが、二人の手が触れ合った瞬間、ヒースは自分の敗北を予感した。

いいね!

    「踏みにじられた初恋」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    フミニジラレタハツコイ
    ふみにじられたはつこい

    踏みにじられた初恋 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本

    Stephens, Susan, 1949-の作品