こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

Petshop of Horrors パサージュ編 5 (夢幻燈コミックス)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 秋乃 茉莉
いいね!

    「Petshop of Horrors パサージュ編 5 (夢幻燈コミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      このシリーズ20年以上も読んでる自分に驚きw(*゚o゚*)w

      1冊、まるまるジュリエンヌ男爵のご友人の息子・モニィのお話。

      ポーランドの田舎からモニィはバカロレア(大学入試)を口実に
      パリに出てきたが目的などなく、
      せっかく花のパリに出てきたんだから
      美しいパリジェンヌと交際してみたいなぁ~なんて感じのおのぼりさん。
      ジュリエンヌとモニィ、そしてD伯爵と3人でパリ観光をしたあと
      帰り際にパリの女王と呼ばれるマダム・ミューズに会いに行く。
      そこでモニィは芸術家の卵たちを応援しているマダム・ミューズに
      ある才能を認められたことからモニィは自分の現状を恥じる。
      次の日、また3人で町を歩くが
      その途中モニィは広場で
      似顔絵などを描いている画家の卵たちの絵や
      画商のコレクションを見てその才能が開花する

      モニィのその才能とは?
      画家の卵、マリーとモニィの恋仲は?
      そしてジュリエンヌ男爵、ご贔屓の魔術師ジョルジュがただの手品師に…

      これってあの人達(実在の人物)の話だよね?と思いながら読んでた。


      パサージュってそうゆう意味なのね。
      パサージュ:通り抜け=人々の人生が通り過ぎる場所。旅人たちの通過点


      >> 続きを読む

      2017/07/18 by

      Petshop of Horrors パサージュ編 5 (夢幻燈コミックス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    Petshop of Horrors パサージュ編 5 (夢幻燈コミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚