こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ゆっくり急ぐ

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 1,470 円
いいね!

    「ゆっくり急ぐ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      タイトルになっている「ゆっくり急ぐ」は、
      ローマ皇帝アウグストゥスの名句“FestinaLente(ゆっくり急げ)”の言葉から・・・

      これは「急がば回れ」などとは違い、むやみに急いでは行けない。
      だらだらしていてももちろんいけない。平常心を失うことなく先を急ぐ、ということ。

      生き方の教えとも、仕事の心得とも。

      でも、どのエッセイも日常のさもありなんという事柄が続く。

      先人の言葉が紹介されていてなるほどと・・・

      例えば、岡倉天心は「茶の本」の中で、
      「人は自己の感情には無頓着に世間一般からもっとも良いと考えられているもの
      得ようとかしましく騒ぐ」と、本当にいいものではなく、高価なものをほしがり、
      「美しいものではなく、流行品を欲するものである」とも・・・・。

      食べ物も、口でたべる前に、目で食っちゃう。

      好きな落語、好きな音楽、好きな本、好きな食べもん屋、・・・・
      世間が評価するものは一定の水準以上のものだが、
      それが自分にとってベストではないことは、多々あること。

      自らの基準ができあがるには、自分の気持ちに素直になれることが必要。
      好き嫌いがはっきりするのは、結構大事なことなんですな・・・。
      >> 続きを読む

      2013/08/24 by

      ゆっくり急ぐ」のレビュー

    • >これは「急がば回れ」などとは違い、むやみに急いでは行けない。
      だらだらしていてももちろんいけない。

      いろいろ考えすぎて、きっと右手と右足が一緒に動くパターンだw
      >> 続きを読む

      2013/08/25 by makoto

    • >これは「急がば回れ」などとは違い、むやみに急いでは行けない。
      >だらだらしていてももちろんいけない。平常心を失うことなく先を急ぐ、ということ。

      初代皇帝、尊大なる者たるアウグスティヌス帝が言うのだからそうなのでしょうね。でも、このアイロニーは実践が難しいですよ。
      >> 続きを読む

      2013/08/25 by Shimada


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ユックリイソグ
    ゆっくりいそぐ

    ゆっくり急ぐ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本