こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

境界を生きる

性と生のはざまで
5.0 5.0 (レビュー1件)
定価: 1,365 円
いいね!

    「境界を生きる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      本書は毎日新聞に連載されていた「境界を生きる」シリーズが本になったものです。性分化疾患(DSD):かつては「半陰陽」「両性具有」などと呼ばれてきたが、差別的な響きがあるということで、現在は性分化疾患で統一されています。インターセックスとも。Disorder of Sex Development. 性同一性障害(GID):身体と心の性が一致しない状態。Gender Identity Disorder.以下、本書の目次を挙げてみます。それだけで分かることがあります。

      1章 性分化疾患

      ・性を選ぶ苦悩

      ・医療の現場で

      ・事実を知るとき

      2章 性同一性障害

      ・学校というハードル

      ・親子の距離

      ・待てない子どもたち

      ・カミングアウト

      3章 性と生のはざまで

      ・結婚、子育て、夢は……

      ・働きたい

      ・戸籍の「壁」

      ・先進国・カナダで

      ・生きよう!

      ・自分らしさ、求めて

       本書を読んでいて思うのは、「性」と「生」がほとんど同義だということです。本書には何度か自殺未遂の話や実際に自殺してしまった人の話や自殺して子を亡くした親の話などが出てきます。自分の「性」への違和感はそのまま生きることへの違和感に直結してしまうのです。知らなかったことも多く、その一つとしては事例の多さです。この問題が特殊なマイノリティの話ではないと思いました。新生児が男か女か判断しがたい状態で生まれてくることが結構多く、多くの場合はどちらかに決めて手術をしたりしています。しかしそれが後から心の性(脳の性)との不一致という状態で現れてしまったりしているのです。法律の壁もあり、性をどちらかに決めなければならない現実があります。

       学校の話は読んでいてつらいものがありました。女子校に通っている、実は男性であることがわかってきた生徒の話や、途中で性別を変えることを決めた児童の話など。学校の受け入れの苦しみ、保護者の学校への不満、いつそういうことが起こってもおかしくないと思います。

       結構苦しい内容が続く本書ですが、先進国のカナダの取り組みには少しだけ明るい希望を感じます。他校でいじめにあったマイノリティばかりを集めている学校があり、教師もマイノリティで、生徒の状況に理解を示して教育が行われます。社会の成熟度の差を感じます。

       それにしても知らないということは罪だなと改めて思わされました。
      >> 続きを読む

      2013/05/15 by

      境界を生きる」のレビュー

    • もし男性のことが好きだったら、やっぱりこんなに天真爛漫では生きられないかも知れないですね・・・辛いなぁ・・・ >> 続きを読む

      2013/05/15 by makoto

    • 月うさぎさん、少女マンガでいうと竹宮恵子さんが『風と木の詩』という作品で少年同士の愛を描いていました。あれも古い作品ですが今読んでも新しく美しい作品です。そしておっしゃるとおり偏見からは解放されているんですね。今でもそうですが、強硬に反対する人たち(ホモフォビア)の方が情報不足による偏見にとらわれているようですね。 >> 続きを読む

      2013/05/16 by nekotaka


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キョウカイオイキル セイトセイノハザマデ
    きょうかいおいきる せいとせいのはざまで

    境界を生きる - 性と生のはざまで | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本