こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

教師の本分 生徒と我が子の入学式、どっちが大事か?

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 尾木 直樹
定価: 1,350 円
いいね!

    「教師の本分 生徒と我が子の入学式、どっちが大事か?」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      著名な尾木さんがプログやTVとは趣を変え、「じっくり教育と向き合い考える人」のために書いた本。
      実際に教師の行動に対して起こった賛否を取り上げつつ、問題の「本質」を考えさせてくれる。

      ニュース性が優先されがちな教育現場のトラブルを社会全體の枠組みのなかに真摯に俯瞰していくことで、われわれは何をめざすべきなのか、何ができるのかを考える糸口があるに違いない。

      2014/12/04 by

      教師の本分 生徒と我が子の入学式、どっちが大事か?」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    教師の本分 生徒と我が子の入学式、どっちが大事か? | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚