こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

リンカーンゲティスバーグ演説

4.0 4.0 (レビュー1件)
定価: 1,890 円
いいね!

    「リンカーンゲティスバーグ演説」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      リンカーンのゲティスバーグ演説の絵本。
      とても良い本だった。


      長田弘の訳も、マイケル・マカンディの絵も、とても良かった。
      あらためて、リンカーンのメッセージに胸を打たれる。


      「私たちがここで何を語ろうと、世界はさして注意をはらわないでしょうし、末永く思い出にとどめることもしないでしょう。しかし、勇気ある人たちが、この地でなしたことが、忘れ去られることは決してないのです。


      この地で闘った人たちが、気高く、これほどまでに前進させながら、まだ完了していない仕事に、今、身をささげること。それこそ、私たち、生きてあるもののなすべきことです。」


      このメッセージ、今の日本にも、とても響くメッセージだと思う。


      この本の解説の中で解説者の人が、「理想主義ほど役にたつものはない。理念こそ問題である。言葉は武器よりもずっと大事だ。」ということを、リンカーンはこのたった三分間の短い演説で鮮烈に示したと述べている。


      本当にそうだろう。

      そして、そのようにこの演説を受けとめ、長く語り継いできたアメリカの
      人々が、またすごいと思う。


      それに比べて、日本では、たとえば菅さんが総理の時に脱原発について重要な演説をしても、「個人的な思い」だと嘲笑し、冷笑し、ろくに耳も傾けなかった。
      「理想主義ほど役にたつものはない。理念こそ問題である。言葉は武器よりもずっと大事だ」ということを理解しないし受けとめることができない国民は、やはり「人民の、自民による、人民のための」政治を実現することは難しいのだろう。

      このリンカーンの演説を大切にしているアメリカ国民は、やはりたいしたものだと思う。
      >> 続きを読む

      2013/01/08 by

      リンカーンゲティスバーグ演説」のレビュー

    • リンカーンゲティスバーグというのがフルネームなのかな?と思うくらい、知りませんでしたw >> 続きを読む

      2013/01/08 by makoto

    • <iceさん

      コメントありがとうございます^^
      なるほど、政治経済の勉強でこの演説をよく覚えておられたんですね^^
      とても大事なきっかけとなることだと思います^^
      一度勉強したことを、後からまた調べ直したりすると、さらに面白かったりしますよね^^


      <kuutaさん

      版画の迫力ある絵がついていて、良い絵本でした^^

      そういえば、まだ日本には来ていませんが、アメリカでは去年リンカーンの大作の映画があったみたいですよね^^
      オバマさんもリンカーンを手本にしているそうですし、アメリカでは最も人気のある大統領ですよね^^


      <chaoさん

      たしかに、日本は欧米ほど、スピーチが文化に根付いていない気がしますよね。
      そのことは福沢諭吉もあの時代痛感していたようで、随分努力して日本に根付かせようとしたそうなのですが、今もってなかなかまだまだみたいですよね。
      よくよく耳を傾けると、たとえば最近の野田さんも、国連ではかなり堂々とした演説をしていたと思うのですが、新聞だと端折られてほとんど国民に伝わらなくなってしまっているのがもったいなかったと思います。
      話す側の工夫、聴く側の努力、両方大事ですよね^^


      <makotoさん

      エイブラハムがリンカーンのファーストネームですw
      素直に何にでも興味を持つmakotoさんはすばらしいといつも思っています^^
      >> 続きを読む

      2013/01/09 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    リンカーンゲティスバーグエンゼツ
    りんかーんげてぃすばーぐえんぜつ

    リンカーンゲティスバーグ演説 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本