こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

現代インド・南アジア経済論

定価: 3,675 円

インドと南アジア4カ国―パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、ネパール―への関心は経済より宗教やカースト制度などの社会問題であった。経済も長い間停滞し、「発展」より「貧困」がキーワードとなってきた。しかし、近年南アジア諸国の経済発展は注目を集めている。本書では、各国の開発政策の歴史を追い、経済発展と産業発展、開発に伴う諸問題を学ぶ。また南アジアの地域大国であるインドに関しては発展する個別産業の政策の歴史的展開、当該産業が直面する問題についても解説する。

いいね!

    「現代インド・南アジア経済論」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ゲンダイインドミナミアジアケイザイロン
    げんだいいんどみなみあじあけいざいろん

    現代インド・南アジア経済論 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本