こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

理想の図書館とは何か

知の公共性をめぐって
著者:
カテゴリー: 図書館、図書館学
定価: 2,625 円

高度情報社会となった今日、図書館の存在価値に改めて注目が集まっている。従来の図書館は貸出サービスに偏重してきたが、近年、文化交流拠点、情報発信拠点、アーカイブ、電子図書館といった新たな役割を重視した取り組みがなされている。本書では、各地の先端的事例を紹介しつつ、図書館は情報ストックをもとにしたサービスを展開し、知の大海に乗り出すためのツールとなるべきとの位置づけを行う。

いいね!

    「理想の図書館とは何か」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    リソウノトショカントワナニカ チノコウキョウセイオメグッテ
    りそうのとしょかんとわなにか ちのこうきょうせいおめぐって

    理想の図書館とは何か - 知の公共性をめぐって | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    La Vie en Rose ラヴィアンローズ

    最近チェックした本