こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

核時代の神話と虚像――原子力の平和利用と軍事利用をめぐる戦後史

著者: 高橋 博子戸田 清山崎 久隆加藤 哲郎木村 朗藤田 祐幸中村 桂子吉岡 斉竹峰 誠一郎湯浅 一郎沢田 昭二太田 昌克李 昤京小出 裕章藤岡 惇
定価: 3,024 円
いいね!

    「核時代の神話と虚像――原子力の平和利用と軍事利用をめぐる戦後史」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    核時代の神話と虚像――原子力の平和利用と軍事利用をめぐる戦後史 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    街角の犬 (講談社文庫)