こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

オペラ魔笛のことが語れる本

オペラや映画を見るときに「あっ、そうなのか」
カテゴリー: 音楽史、各国の音楽
定価: 1,890 円

モーツァルトははじめ、音楽を創作することを禁じられ、命じられた音楽を演奏する召使い音楽家のような存在であり、それに反発するように芸術家としての独立の道を歩むことになる。そうして、モーツァルトは誰もが認める超一流芸術家として生まれ変わるが、その地位まで至るのに忘れてはならない存在があった。それは秘密結社・フリーメーソンである。フリーメーソンの思想と合致するものを感じたモーツァルトは入会することにより、人脈を広げ、コンサートなどの集客力を強めたと考えられる。オペラ『魔笛』はフリーメーソンの啓蒙主義に沿ったコマーシャル・オペラと言われ、脚本も一人の手によって手がけられているというわけでなく、複数の手によりいろいろと書き換えられたと言われている。もちろん、モーツァルトは作曲家として『魔笛』の制作活動に貢献している。モーツァルトを語る上で、フリーメーソンとの関係は不可欠なものとされている。従って、オペラ『魔笛』においてのモーツァルトを考察することにより、音楽家としてのモーツァルトはもちろん、「起業家」としての一面も掴み取れる。

いいね!

    「オペラ魔笛のことが語れる本」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オペラマテキノコトガカタレルホン オペラヤエイガオミルトキニアッソウナノカ
    おぺらまてきのことがかたれるほん おぺらやえいがおみるときにあっそうなのか

    オペラ魔笛のことが語れる本 - オペラや映画を見るときに「あっ、そうなのか」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本